トップ

特に閉経前の女性に読んで欲しい本

2017年08月01日

先日、とても良い本が出版されました。

いつもフェイスブックで貴重な情報を発信しておられる藤川徳美先生の本です。
タイトルは、「うつ・パニックは「鉄」不足が原因だった」です。

先生は精神科医ですが、日本人の精神疾患の大半が質的栄養不足が原因で、特に鉄とタンパク質の重要性をいつもおっしゃっています。

精神疾患でなくても、何となく調子が悪い人や、生理がある女性には必読の書だと思います。
本当の健康とは、体を作る栄養をいかに正しく取るかにかかっていると思います。
体の機能を十分に活用するためにも、是非、読んで下さい。

このページのトップに戻る

明日は施術日です

2017年08月01日

今回は、いつもと違うパターンでした。
いつもだと金曜日から調子が良くなるのですが、今回は良くなりませんでした。
確かに、ほぐれた感じはあるのですが、痛みが取れませんでした。

どうしてだろうと考えたところ、今回、左足のくるぶしのエクササイズが関係しているように思います。
これをすると、左の足の裏の不安定さが減少しているように感じます。
ただ、それに伴って左足全体の使い方が変わるようで、あちこち、特に膝から上の部分に痛みが出ます。
右足の付け根も、痛みが出ています。
今回は、施術日までこのままかなと思っていたところ、今日(火曜日)になって、とても楽になりました。

明日の施術で、筋膜がどういう状態か聞くのが楽しみです。
これはきっと前進しているのではないかと期待しています。

このページのトップに戻る

昨日の施術

2017年07月27日

昨日施術に行ってきました。
施術の2日前からだんだん足の調子が怪しくなっていましたが、前日はかなり悪くなっていました。
残念ながら、やはり1週間いい調子は続きませんでした。
でも、前回に比べると微々たる差ですが、ましだったように思います。
また、先生から、お腹がほぐれてきていると言っていただき、嬉しかったです。

今回、教えて頂いた注意すべき点は、左足の外側のくるぶしが下がり気味ということです。
常にそういう傾向があるため、左足の外側を常に引き延ばしていることになります。
それも痛みが出る原因の一つと思われます。
それを解消するエクササイズを教えて頂きました。

今日は、施術の次の日ということで、左足の膝裏を中心として痛みがあります。
明日には楽になると思います。

コアやくるぶしのエクササイズとセルフケアを頑張って、次の施術まで頑張ろうと思っています。

このページのトップに戻る

体のコア

2017年07月23日

赤ちゃんは泣いたり、手脚をバタバタと動かしたり、動くものを目で追ったりしながら、コアの機能を獲得していきくそうです。
ところが、先天性股関節脱臼だった私は、残念ながら、生後1か月でコルセットをしていたので、手足をバタバタ動かせずコアの機能を獲得していないと思われます。

そこで、ひめトレを使って地味なエクササイズを毎日3回頑張っています。
何とかコアが分かるようになるといいなと思っています。

このページのトップに戻る

なかなか1週間持たない

2017年07月23日

週一でトリガーポイントの施術を受けるようになったのですが、いい状態が1週間も持ちません。
施術当日と次の日は、結構体が痛かったり、体を動かしにくくなります。
3日目から、体全体がほぐれた感じになり、いい感じです。
ただ、これが次の施術まで持たないのです。
施術の2日前くらいからだんだん調子が悪くなります。
ほぐれていた体が、逆戻りする感じです。
結局、調子がいいのは、3日くらいです。

ただ、今回ちょっと変化がありました。
補高を始めて1か月半くらいですが、まっすぐ立つと、左足の長さが足りないので左足が突っ張った感じがしていました。
ところが、2日前に気付いたのですが、突っ張らずに立てるのです!
これって、体がほぐれてきて、脚長差を吸収してくれているのかもしれません。
初めての経験なので、分かりませんが・・・

今までのパターンだと、明日から悪くなっていくのですが、今回はどうだろうと毎日観察しています。

このページのトップに戻る

  1. 前のページへ
  2. トップページに戻る
  3. 次のページへ