FC2ブログ

ビタミンCの応用

ビタミンC
04 /29 2018
風邪の時に、ビタミンCを、1時間ごとに1~2g服用を続けます。
お腹が緩くなったら、2時間毎、3時間毎に減らします。
風邪などの感染症には、抗体合成、インターフェロン合成、活性酸素の処理、などのために大量のビタミンCが消費され、ビタミンC血中濃度が低下し、ビタミンC耐性用量が10~100倍に跳ね上がります。
つまり、健常時の10~100倍の量が必要となるのです。
ただ、ビタミンCが効くためには、良質のタンパク質を十分とっている必要があります。

また、便秘は、耐性用量まで行けば、下痢をするという事を利用して便秘を解消します。
便秘薬だとだんだん効かなくなって飲む量が増え、長期に渡って飲んでいると、最終的にはが動かなくなって、酷い場合は便を掻き出さなくてはならなくなります。
ビタミンCだとそういう害作用もなく、便秘を解消することが出来ます。
便秘の人は、ビタミンCが足りていないことだと言われています。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: ベンゾ離脱について

アドバイスを差し上げたいのですが、連絡先が分かりません。
コメントのメールアドレスのところにメアドを書いて頂き、非公開コメントにチェックを入れて頂ければ、公開されることなくメアドを知らせることが出来ます。
よろしくお願いします。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

忘れな草