FC2ブログ

ビタミン・ミネラルの個体差

栄養
04 /24 2018
タンパク質を作る能力は人によって違います。
DNAによって決まっているタンパク質の合成ですが、一人ひとり顔や体形が違うように、タンパク質の合成にかかわっている酵素の形、立体構造も違っています。

酵素補酵素と基質の関係は、鍵と鍵穴のような関係になっています。
画像の説明
分子栄養学より

そして、酵素補酵素の結合部位の形が人によって異なるのです。
タンパク質を作る能力は、その作業をする酵素補酵素として働くビタミンミネラルの量と相関します。
形が良ければ酵素と補酵素が1回出会っただけで100%結合して代謝がスムーズに行きます。
形が少し悪ければ2回に1回しか結合できない、50%の確率でしか代謝が進まない。
形が悪ければ10回に1回しか結合できず、10%の確率でした代謝が進まず、代謝が滞ると言う風に考えられます。
このような場合には、補酵素の濃度を10倍にすれば代謝がスムーズに行くと考えられます。

ほとんどの人ではこの代謝が進む確率は100%ではなく、それ以下の確率で、遺伝子により決まっています。

例えば、ビタミンCが関係する代謝は少なくても500から10000くらいあると言われています。
風邪予防物質の合成に対する確率が100%の人は、風邪が引きにくいでしょうが、白内障予防物質合成に対する確率が10%と低い人は、白内障になりやすいと言えます。
同じ人でも、すべての代謝の確率が100%ということは考えられません。
上記のように反応が進みやすい確率100%の代謝と、確率10%ように低い代謝もあるのです。
それが、その人の体質なのです。

これを分子栄養学的に考えた時、大量のビタミンCをサプリで補ってあげると、確率が低い代謝にまで十分ビタミンCがいきわたり、代謝が普通に進むということです。
これを、ビタミン・カスケードというモデルで表しています。
「ビタミン・カスケード」の画像検索結果
楽道より

これは、ビタミンミネラルが水であらわされていますが、確率100%の代謝はスムーズに進むのですが、下に行くほど、確率が低くなり、十分なビタミン・ミネラルがなければ、下の方の代謝は進まないということを表しています。
ビタミンCだけで、最低でも500の代謝にかかわっているのですから、どれだけの量が必要か、とても食事だけでは賄えないことが分かります。

このように考えれば、必要な補酵素であるビタミンやミネラルを必要量サプリで取ることは理にかなっています。
食事で必要量をとることは難しいのです。
必要なサプリとその量は個人個人で差があります。
まず、良質なタンパク質と良質な脂質を十分な状態にして、更に自分の弱点をサプリで補うという事を考えてもいいと思います。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

忘れな草