トップ  >  食事・サプリ  >  糖質制限外来

糖質制限外来

2017年06月12日

去年の夏からホエイプロテインとビタミン・ミネラルのサプリを始めました。
以前は、サプリは食事と違って不自然なものだと思っていましたが、今は違います。

考えが大きく変わったのは、藤川先生のFBを読むようになってからです。
藤川先生のFBの記事をまとめたブログ「精神科医こてつ名誉院長のブログ」がありますので、勉強したい方にはお勧めです。
そこには、日本人、特に日本人の女性の鉄タンパク不足について書かれていました。
自分なりにいろいろ勉強する内に、現代人は質的な栄養失調なのだと分かりました。

それで、とりあえず自分に必要そうなものから始めてみました。
ホエイプロテインと鉄とマグネシウムからでした。
鉄不足は、閉経しているのでそんなにないかもと思いましたが、若い時はいつも貧血だったので、フェリチンを測るまではと思い飲みました。
フェリチンについては、水野先生のブログを読んで下さい。

そして、今年の1月に、水野先生の糖質制限外来を受診しました。
フェリチンとケトン体を測りたかったからです。
2月8日に結果を聞きに行きました。
フェリチンは、143ng/mLで問題ありませんでした。
総ケトン体は、2506μmol/Lで、ケトン代謝になっていました。

ところが、FT3が、2.16pg/mLで、低T3症候群ということが分かりました。
身体が省エネモードになっているので、タンパク質と脂質をしっかり取るように言われました。

また、元々アレルギー(花粉症など)があったので、非特異的IgEも測って下さったのですが、基準範囲が170IU/mL以下なのですが、1037IU/mLでした。
あまりの高さにびっくりしましたが、症状がないので問題ないということでした。

サプリについても助言を頂きました。
その頃の1日の食事とサプリは、
肉200g、魚100~200g、卵2個、クリームチーズ35g、バター(1月18日から、無塩バター)70~90g、生クルミ50~70g。
ホエイプロテイン40g、酸化マグネシウム1錠、アドバンスト・フェロチェル1錠、エスターC500mg4カプセル、ビタミンE400IU1カプセル、B50コンプレックス2錠、マルチビタミン・ミネラル3錠。
ベンフォチアミン150のみ、週に1回1カプセルでした。
先生は、ビタミンAとEを増やすことを提案されました。
低T3症候群のせいもあるのでしょうが、手足の冷えが気になっていたからだと思います。
       
水野先生には、色々質問が出来、有意義な時間を過ごすことが出来ました。




スポンサーサイト

ナイアシン | トップページへ戻る | 久しぶりの補高

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る