トップ  >  変形性股関節症  >  久しぶりの補高

久しぶりの補高

2017年06月11日

7日のトリガーポイント治療から帰宅したら、補高が届いていました。
ちょうどいいタイミングだったので、早速、高さ1.5cmで始めてみました。
シリコンで出来ているので、補高として使うと高さは1.5cmより少し低くなるとは思います。
流石に、高さが足りないので、これでは、立つ時に踵をつけることは出来ません。

8日もそのまま使っていましたが、昼過ぎに高さを2.3cmにしてみました。
これだと踵をついて立てます。
立った時に、骨盤が若干前傾した感じです。
歩く時は、左足のかかとが補高のせいで今までより早く着いてしまうので、ちょっと歩きにくいです。
夜になって慣れてきたのか、左足の外側の痛みが軽減してきたように思います。

10日に、立っている時にもう少し高さがあった方が楽なような気がして、昼過ぎに高さを3.1cmにしてみました。
その日は、そのまま使ってみましたが、翌日、朝起きて動いていたら、明らかに補高が高すぎることに気付いで、2.3cmに戻しました。
こちらの方が、トータルでいいように思います。
しばらくこの状態で様子を見てみようと思います。

そう言えば、補高を始めてから、当然体のバランスが変わってくるので、左足の痛みが出たり引っ込んだりの状態が続いています。
ただ、この痛みがある時は、今までだったら、しゃがむ時に左足が硬直したような状態になっていてとても痛かったのですが、今のところそれがありません。
これって、トリガーポイント治療が効いているのだと思います!
私にとって、初体験です。

佐藤先生に、
「体を整えますと、ゆらぎの範囲=適応できる範囲が広がりますので、補高による変化も、以前よりは吸収できるようになられていると思います。」
と言っていただいたので、希望をもって頑張ろうと思っています。

スポンサーサイト

糖質制限外来 | トップページへ戻る | 4回目のトリガーポイント治療

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る