トップ  >  変形性股関節症  >  トリガーポイント治療

トリガーポイント治療

2017年05月18日

トリガーポイント治療を2回受けました。
いかに今まで自分が体を固めて使っていたのかがよく分かりました。

まず、体全体を弛めることをメインに、施術していただきました。
一回目の施術の次の日は、時々、左の首の上部とその上の頭が重く感じたり痛みを感じたりしました。
もしかしたらと思い、トリガーポイント講座で学んだKKR法を使ってみたら、左の首のしこりが消えてしまいました!
それと同時に痛みがなくなりました。

また、右ひじの周辺が時々痛かったですが、この部分は、ここ1~2か月、痛くて右手が思うように使えなくなっていた部分でした。
ここは、2回目の施術の後にずいぶん楽になりました。

先生によると、お腹が固いのは、表面の腹直筋が緊張したままで、そのため深部の腹横筋を使っていない状態だということでした。
まだ分かりませんが、その部分が改善されたら、本当の意味でのインナーマッスルが使えることになるのかもしれません。

歩いたり立ったりすることも、私が考えていたことは間違っていたのかもしれません。
脚長差があるため、自然に正しい体の使い方を獲得することが出来ないので、試行錯誤する以外に方法がないのですが、しばらくはトリガーポイント治療で体を整えつつ様子を見ていきたいと思います。

スポンサーサイト

トップページへ戻る | トリガーポイント治療「Basic講座」

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る