トップ  >  変形性股関節症  >  九州でのピラティス

九州でのピラティス

2016年10月21日

9月29日に、九州に行く用事があり、そこでピラティスのプライベートレッスンを受けました。
レッスンを受ける前にあらかじめ私の状態をメールした上で、受けました。

とてもいい先生で、マシーンが4つもあり、体験出来て楽しかったです。

一番良かったのは、最初に歩く姿を動画で撮って下さったことでした。
銀座の佐藤先生の所での撮影以来だったのですが、自分で見てもあの頃とは比べ物にならないくらい普通の人っぽく歩いていました。
ただ、目線が下向きなので、頚椎が前方に傾いているとのことでした。
歩く時の目線は4km先を見るような感じがいいのだそうです。
元々、杖を突いて歩いていましたし、足元がおぼつかなかったので、どうしても足元を見ながら歩く癖が抜けていないようです。
少しづつ、目線を上げて、より良い歩き方に挑戦したいと思います。

また、胸の位置が下がっているので、歩く時に肩は上げないで上半身を上げるとよいと指摘して下さいました。
これが難しく、やってみようとすると、左足が浮くような感じになってしまい、どうしたらいいのか分かりませんでした。
そこで、いつもお世話になっているピラティスの先生に、相談したところ、何となく分かったような気がしました。
肩というか肩甲骨を下げて、腹筋に力を入れると、自然に上半身というか胸が上がるような気がします。
これが正しいのかどうかわからないので、また次回ピラティスに行った時に、聞いてみようと思っています。

九州のピラティスの先生には、次にいつ会えるか分かりませんが、会いに行った時に、是非歩き方を見て欲しいと思います。
それまで、頑張って歩き方の練習をしたいと思っています。

たまに、違った視点から見てもらうのは、いい刺激になります。
少し前だったら、そんな勇気が出なかったと思いますが、ようやく、自分の体の使い方に自信が持ててきたように思います。
スポンサーサイト

落とし穴 | トップページへ戻る | 3か月半以上ぶりのオステオパシー

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る