トップ  >  変形性股関節症  >  最近の股関節のついて

最近の股関節のついて

2016年06月10日

5月9日に大原先生のところへ行ってきました。
先生には、100%完璧な体はないので、先生の施術前のチェックで80%だったらいいと思っているけれど、私は70%くらいだと言われました。
これは、とても嬉しい言葉でした。
先生のお蔭もあり、日々の暮らしの中で正しく体を使うことが身に付いてきたのではないかと思いました。

今回の施術では、左の肩甲骨が上がっているところと、右の肘が動いていないところを治して下さいました。
私は、2.5cm左足が短いので、立った時に左のかかとを上げて立つのですが、この場合、多少肩甲骨の位置がずれるのは仕方がないそうです。
しかし、座った時は、足の影響を受けないので、肩甲骨の高さは左右揃うはずなのですが、長年の癖なのか、肩甲骨がずれたままだったようです。
確かに、両腕を上げた時に、左右差があるように感じていたのですが、それがすっかりなくなりました。
また、右肘は、自分では分からなかったのですが、施術後により歩きやすくなったので、やっぱり影響があったのだなと思いました。

いつもながら、施術は不思議な感じで、でも終わると体がよくなっているという感じで、本当に驚きです!
スポンサーサイト

立つということ | トップページへ戻る | 最近のピラティス

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る