トップ  >  変形性股関節症  >  股関節の近況 2

股関節の近況 2

2015年04月04日

3月25日におおはら治療室に行って来ました。
以前指摘された仙腸関節は、脚長差がある状態では許容範囲の動きを保っているということでした。
今までよりも楽に動けるようになっていること合わせて考えると、今の体の使い方は間違っていないのではない事を示しているようで、嬉しかったです。

今回の指摘は、下半身より上半身の堅さでした。
それも右側の前胸筋と、脛骨と胸骨の境が詰まっているということでした。
右側の上半身は、23歳から25年間松葉杖や杖を使っていた影響が残っているのだと思います。
これからは、上半身をゆるめることも考えて、トータルで体全体が使えるようになっていったらいいと思っています。

今回の施術のお蔭で、歩行の時に、足裏でよりしっかりと地面をとらえることが出来るようになりました。
より歩きやすくなって、感動しています。

体の声を聞きながら、自分でよいと思ったことはトライしていきたいと思います。
スポンサーサイト

新たな発見 | トップページへ戻る | 股関節の近況

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る