トップ  >  変形性股関節症  >  変形性股関節症の近況

変形性股関節症の近況

2014年06月29日

6月5日に銀座の佐藤先生のところへ行って来ました。
今回は大発見がありました。
佐藤先生は一貫して指導されていたのですが、それを実践するための準備が私に出来ていなかったために、今まで出来なかったことがあります。
それは、立つ時の骨盤の位置です。
普通の人は重力の負荷が一番かかりにくいニュートラルな位置が正しいのでしょうが、私にとって、やや後傾した位置がいいとのことですが、これを保持するのは至難の業で、今までは指導される度に一瞬トライしただけで、無理でした。
ところが、今回は骨盤体操も先生の意図していることが分かり、それを応用して立つ時の骨盤の位置が、初めて実感できました。
これなら出来そう(!!)と喜び勇んで帰って、家でやろうとしたら、患足の左足の中殿筋から大臀筋にかけての(特定できないのですが)ある部分が異常にピリピリと痛み、立つどころの騒ぎではなくなりました。
やはりだめかと思っていたところ、丁度、佐藤先生のブログで、かかとをついて歩くことで正しく必要な中殿筋を鍛えることが出来るということをを知りました。
http://blog.ginzaplus.com/?day=20140611
そこで、立つのはしばらく無理しないで、かかとをついて歩くことに専念しました。
そして、痛みも治まり、自分なりに中殿筋も以前よりましになったような気がしたので、立つことに再度チャレンジしました。
ピリピリした痛みは出ませんでした。
ただ、これですべてうまくいくほど現実は甘くありません。
脚長差4cmもあり、立てるのですが、やはり左足に違和感があります。
これはこれからの課題です。

ピラティスの先生もいろいろと考えてくれて、私の眠っている筋肉に刺激を与えてくれます。
以前に比べたら、随分といろいろなことが出来るようになりましたが、私の中ではこれで大丈夫というところには達していません。
そこに到達すること自体無理なのかもしれませんが、試行錯誤を重ねて行きたいと思っています。
スポンサーサイト

糖質制限について | トップページへ戻る | 変形性股関節症の近況

このページのトップに戻る

コメント

etsucoさんへ

etsucoさん、折角コメントいただきましたが、あなたのためにこの場をお貸しすることは出来ません。
私にはまったく興味のないことですので、ご自分でブログを書かれて発信されたらいいのではないでしょうか?
私のブログの趣旨とは全く関係ないことですので、コメントは削除させていただきます。

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る