トップ  >  変形性股関節症  >  変形性股関節症の近況

変形性股関節症の近況

2014年02月03日

1月24日に佐藤先生のところへ行ってきました。
先生の所へ行く前に、いろいろと試していたことがあり、それがいいのかどうかがよく分かりました。

ピラティスをしていると、体の筋肉の働きはその部分だけでなく全身でつながっていることがよく分かります。
特に脚長差(4cm)があり、長年杖を使っていたことで、左右がアンバランスになっています。
ピラティスの先生のお蔭で、長年杖を使うことで固まってしまっていた右肩が自由に動かせるようになりました。
そして、腕を動かすときに肩を使うのではないことを教えてもらい、肩が痛くなることがほとんどなくなりました。
以前は、足心道をしているから右肩が痛くなるのは仕方がないとばかり思っていましたが、実は正しい腕の使い方を知らなかっただけのことでした。

去年の12月くらいに毎日足心道をしているので気づいたのですが、右のふとももが太くなっているように感じました。
立つ時に、右足中心で立っているので(左足はかかとをつけずに、高さを合わせてつま先で立っている状態)、そのためにだんだん右足の方が筋肉が発達してきているのだと思いました。
以前だったら、左足を軸にして立つことは、左足の筋肉を正しく使えないのと筋力がないので無理だったのですが、立てそうだったので、練習してみました。
そうすると、不思議なことが分かったのです。
主に立ち仕事と言えば、台所で料理をする時です。
右足で立つのと違い、左足で立つ方が右手が使いやすいのです。
これは、左足で立つことで、腹斜筋が働き、右手の方が安定することと考えられます。
右は右だけではなく右も左も相互に働きあって体のバランスを取っているのだと感激しました。

そんなことをしていて、佐藤先生のところへ行ったのですが、結論から言うと左足を軸にして立つのはしてはいけないことでした。
脚長差がある場合、どうしても骨盤が正しい場所で立つことができないため、少しずつ外側に向かって力が働き、脚長差が酷くなったり、脱臼することもあるそうです。
考えてみれば、臼蓋形成不全の私にとっては禁忌です。
少しでも長く自分の足を使い続けることが出来るようにするためには、これはやってはいけないことと、よく分かりました。
しかし、ほんの一瞬でしたが、左足で立つ練習をしたお蔭で、右足を軸に立つ時に上体をどのようにすれば安定するのかがよく分かるようになり、また、体重が外に流れないようにするにはどうしたらいいのかも分かったような気がします。
ピラティスをすることで、使っていなかった筋肉が目覚め、とても助けになっています。

今回、ようやく自分の足のしてはいけないポイントが分かり、本当によかったと思っています。
脚長差のお蔭で苦労もしますが、思わぬ発見もあり、楽しみながらピラティスを頑張りたいと思います。
スポンサーサイト

変形性股関節症の近況 | トップページへ戻る | 変形性股関節症の近況

このページのトップに戻る

コメント

良薬とは

まだ息てます。
以前、勿忘草様が睡眠薬の良しあしについて少し書かれたことがあったように記憶しますが、15年来の不安神経症で抗不安薬と仲良くしておりますが、睡眠についても加齢や俗念でご馳走になりますが、その薬、サイレース1㎎については適当ではないとありました。薬の裏面については全く無知に等しいので、抗不安薬、睡眠薬について記述していただければ幸いなのですが。

コメントの編集

Re: 良薬とは

AF冠者さん、コメントありがとうございます。
すぐには記事にできないかもしれませんが、必ず書きますのでしばらくお待ちください。

抗不安薬

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%8A%97%E4%B8%8D%E5%AE%89%E8%96%AC

不安感があるのは、社会的な環境が多いです。
食事としては、糖質制限をすれば、血糖値の変動を抑えられるので、メンタルには良いです・・・

コメントの編集

睡眠剤について

良くまとまっています

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9D%A1%E7%9C%A0%E8%96%AC

勧告とガイドライン

1996年には、世界保健機関による「ベンゾジアゼピンの合理的な利用」という報告書において、ベンゾジアゼピン系の「合理的な利用」は30日までの短期間にすべきとしている。

英国国立医療技術評価機構(NICE)による、2004年の不眠症のガイドラインにおいて、睡眠薬の利用は重度の不眠に限り、かつ短期間に留めなければならないとしている。非ベンゾジアゼピン系のゾルピデム、ザレプロン、ゾピクロン、短期作用型ベンゾジアゼピンの比較評価については有効なデータがなく、最も安価な薬物を選択すべきとしている。投与中に睡眠導入剤を切り替える場合、患者がその薬剤を直接原因とする副作用が発生した場合のみに限るべきだとしている。これらの睡眠導入剤について効果を示さなかった患者については、いかなる他の薬剤も処方すべきではないとしている。

アメリカ合衆国では、アメリカ食品医薬品局(FDA)によるベンゾジアゼピン系/非ベンゾジアゼピン系の睡眠薬の添付文書には、7 - 10日の短期間の使用に用いる旨が記載されている。

★ 各国の処方規制ガイドライン

●イギリス
医薬品安全性委員会(en:Committee on Safety of Medicines): ベンゾジアゼピンは、短期間の軽減(2 - 4週間のみ)に適用される。ベンゾジアゼピンはうつを引き起こしたり悪化させ、また自殺の危険性を高める。
国民保健サービス(NHS): 2 - 4週以上の処方について認可しない。

●カナダ
保健省・薬物利用評価助言委員会(DUEAC)の勧告: ベンゾジアゼピンの長期的処方にはリスクが存在する。不安、不眠について適切な使用および薬物依存を避けるために、新規処方は注意深く観察すべきであり、処方期間は限られるべきである(不安には1 - 4週、不眠には14日まで)。

●ニュージーランド 保健省: 最近では依存性のリスクが知られており、4週間を超えた使用は有害である。
デンマーク 国立衛生委員会: ベンゾジアゼピンの処方は、睡眠薬では最大2週間、抗不安薬では最大4週間に制限することを推奨する。
保健省の依存性薬物の処方ガイドライン: 全般性不安障害、パニック障害、不安障害の第一選択肢は抗うつ薬である。依存性があるため、ベンゾジアゼピンの処方は非薬物療法など、それ以外の方法全てで治療できない場合のみに限定されなければならない。処方期間は4週間を目処にしなければならない。長期間の治療は避けなければならない。

●アイルランド ベンゾジアゼピン委員会の報告書: ベンゾジアゼピンの処方は通常1か月を超えるべきではない。

●ノルウェー
国立衛生委員会: ベンゾジアゼピンの日常投与は4週間を超えてはならない。

●スウェーデン 医薬品局: 薬物依存を引きこすため、不安の薬物療法にベンゾジアゼピンは避けるべきである。薬物中毒の可能性があるためベンゾジアゼピンは数週間以上の治療には推奨されない。

***************************************

副作用非ベンゾジアゼピン系の処方は増えたが、実際に必要な注意はベンゾジアゼピン系と同じである。

高齢者は、転倒、骨折、認知症と誤診の可能性がある認知や記憶の障害、奇異反応といった、ベンゾジアゼピン系の危険性に対して、より脆弱である。肝機能障害がある場合には、長時間作用型のものでは、排出されず体内に蓄積し有毒な域に達する場合がある。短期間作用型は離脱症状が深刻化しやすい。

ベンゾジアゼピン系などのGABA受容体に作用する薬物は、常用により効果が弱くなる耐性が生じるため、睡眠作用への効果は数週間で薬の服用前にまで弱まる[64]。このため薬剤を追加することで多剤処方となり、高用量の服用が継続された場合の突然の断薬は、激しい離脱症状のため危険となる。

日本の睡眠薬の添付文書にて、アルコールやバルビツール酸系、ベンゾジアゼピン系、またほかの個々の薬剤と一緒に服用すると効果が増強する旨、事故のおそれがあるため自動車や機械を運転しないことを注意する旨、副作用が発現しやすい高齢者には少量から慎重投与する旨、催奇形性や新生児の離脱症状の旨が喚起されている。

長谷川 コメント

日本では、漫然と何年も投薬しています。
欧米の投薬基準と、かなり違うことがお分かりだと思います。

コメントの編集

Re: 睡眠剤について

わんわんさん、コメントありがとうございます。
事実はそうですが、それだけですぐに止めることが出来ないのがベンゾジアゼピン等の睡眠薬、抗不安薬です。
そして、急に止めることは絶対に避けなければなりません。
また、止めたくてもそれをサポートする医師を見つけるのは至難の業です。
残念ながら、私は引っ越しが決まり記事をすぐに書けません。
なるべく時間を作って書きたいと思っています。

長谷川様
本欄をお借りしてお礼を申し上げます。AFの症状はすべての疾患にいえることですが、多彩かつ軽重の個人差が大きくやむを得ず服薬に至ります。メリット、デメリットは多くの方は認識されていると思いますが、医師にも生活がかかっていなさるのでしょう。

コメントの編集

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: お願い

ももこさん、返事が遅くなってすみません。
ようやく引越しは済んだのですが、家庭内の事情が急激に変わってしまい、余裕のない状態です。
例え余裕があっても調べれたかどうかわかりませんが、分かる範囲でお答えします。
確かに添付文書には、PH調整剤しか書かれたいませんので、インタビューフォームで調べましたが、どれも同じでPH調整剤しか入っていないようでした。
ただ一つ、どんなPH調整剤が入っているのかについて書いてあるのがありましたので、下記を見てみて下さい。
file:///C:/Users/ohnishi/Downloads/3922400D3101.pdf
もし、本当にPH調整剤のみとして、それが問題なのかどうかについては分かりません。
また、そもそもその療法がいいのかどうかも分かりません。
滅多にないとは思いますが、アナフィラキシー様症状の害作用もあるようです。

今の状況は、さぞお辛いことと思います。
私は、その病気について詳しくないので間違っているかもしれませんが、医療行為を受けるということは体にとってダメージを与えることにつながる可能性があります。
まずは、食生活、私だったらスーパー糖質制限を試してみるのも一つの方法かと思います。
それ以外にも、足心道など、侵襲性の少ない方法を十分試してからの方がいいのかもしれません。
医療行為を選択してしまうと、元に戻れる場合と戻れない場合がありますので、十分考えて下さい。
お役にたてず、申し訳ありません。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る