トップ  >  変形性股関節症  >  変形性股関節症の近況

変形性股関節症の近況

2013年10月01日

半年ぶりに、銀座の佐藤先生のところへ行ってきました。
今回は、ピラティスをほぼ週1で続け、今の足の状態を診てもらうことが目的でした。
歩き方自体はほぼ問題ないと言われましたが、ちょっと右足が内側に入っているという指摘でした。
普通に歩いているとわからないのですが、ゆっくり歩くことで自分でもわかりました。
きっと脚長差があるので、そうなっていたのかもしれません。
ここを改善することで、もっと疲れにくくなるということでした。
確かに、そのせいで結果的にアンバランスになっていたように思います。

また、立つときに、どうしても患足の左足が外側を向くのが気になっていたのですが、そこまで気にしなくていいとのことでした。
脚長差があるために、バランスを取りやすくするためにそうなりがちとのこと、行き過ぎないように気をつけつつ、自分の足の特性と割り切って、自分なりにうまく立とうと思いました。

佐藤先生に客観的に診ていただくことで、安心して過ごすことが出来ます。
脚長差がなければ、卒業できるのかもしれませんが、ここまでこれたので、本当にうれしく思っています。

ピラティスは奥が深く、ただ普通に歩いているだけでは使えていない筋肉(特に左足)が目覚めてくれるようで、それが立ったり歩いたり、ちょっとした動作がやりやすくなったりしているように感じます。
体が動かせることに感謝の毎日です。
スポンサーサイト

変形性股関節症の近況 | トップページへ戻る | お勧めの本

このページのトップに戻る

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

地球が爆発だ!

右足大腿部上部にできものが出来、直経5㎝のしこり。皮膚科へ行けば抗生剤と塗り薬だ。昔は「タコの吸出し」っていうのがあったし老境に入れば免疫力無くはや10日。忘れな草様にあられましては如何なる方策や、膿んで爆発してくれればいいのですが。
節でもないのに咳の出る風邪をお召しになりました。以前は即PL顆粒でしたが本欄を拝見してから2の足3の足。いかなる方法が最適化、今日で5日目。

コメントの編集

Re: 地球が爆発だ!

AF冠者さん、コメントありがとうございます。

「タコの吸出し」は今でもありますが、膿がたまっている場合に使います。
http://store.shopping.yahoo.co.jp/horie-ph/49447316.html
そのできものは、膿がたまっているようですか?
膿だったら、痛みがあり、赤くなって腫れて熱を持つという状態だと思いますが、いかがでしょうか?
私だったら、できものがどんどん大きくなっていく、痛みが増していく等のどう考えても悪化しているようだったら、そして膿を持っているようだったら、針で穴を開けて膿を出すかもしれません。
でも、そうでない場合とりあえず2週間様子を見ます。
その間、悪化していなければ、さらに2週間様子を見ます。
要するに、痛み等があって困る以外はそのままにしておきます。
結構、自然と治るものです。
様子を見ている内に忘れているという感じでしょうか・・・
気が付いたら、治っているというような感じです。

咳については、ちょっとややこしいので、メールします。






名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る