トップ  >  変形性股関節症  >  ピラティス

ピラティス

2013年06月25日

3週間に1回、ピラティスのレッスンを、計6回受けました。
ピラティスをすることによって、今まで分かりにくかったインナーマッスルが感じやすくなりました。
毎晩、主人と自分の足裏マッサージ(足心道)をするので、右肩や右の親指が痛くなっていたのから解放されました。
また、23歳から48歳まで杖を使っていたので、右側の肩から下はとても疲れやすく、長時間杖を使うと右手全体が麻痺したりしていました。
そのため、杖を使わなくなって歩けるようになっても、右手を自然に振って歩くことが出来ませんでした。
それがピラティスをするようになって、少しずつ自然に動くようになりました。

筋トレとは違い、静かな動きの中で筋肉を緩めたり、刺激したりするので、終わった後は心地よい疲労があります。
とてもいい先生でずっと教えていただきたかったのですが、私の都合で、今日から新しい先生に変わりました。
最初の先生のお蔭で、自分の体の可能性を知ることが出来、新しい環境にもトライしてみようと思えたので、本当に感謝しています。

今回からは毎週レッスンを受けることが出来るので、もっと効果があるのではないかと楽しみにしています。
今度の先生も、最初の先生と同様とてもいい方で、また違ったやり方でいろいろ教えて下さるので、わくわくしています。
身体の可能性に出会えるようになって、本当に良かったと思っています。
スポンサーサイト

お勧めの本 | トップページへ戻る | 背筋痛

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る