トップ  >  体調管理  >  私の健康法

私の健康法

2012年09月10日

今日は、私が25年以上続けている健康法、足心道を紹介します。
簡単に言うと、足の裏のつぼ押しです。
初めて足心道を知ったのは、
足の汚れ(沈殿物)が万病の原因だった―足心道秘術 (マイ・ブック)足の汚れ(沈殿物)が万病の原因だった―足心道秘術 (マイ・ブック)
(1986/07)
官 有謀

商品詳細を見る

この本を読んでからです。
股関節が悪い私にとってこれといった運動が出来ないので、健康維持に役立つと思い、独学でマスターしました。
股関節は悪かったのですが、かろうじて足の裏を自分でほぐすことが出来たのは幸いでした。
この本には続編があり、
足心道秘術〈2〉続・足の汚れ(沈殿物)が万病の原因だった―体験と実証 もっと詳しく知りたい人へ (マイ・ブック)足心道秘術〈2〉続・足の汚れ(沈殿物)が万病の原因だった―体験と実証 もっと詳しく知りたい人へ (マイ・ブック)
(1988/07)
官 有謀

商品詳細を見る

こちらに、詳しくやり方が書いてあります。

足心道のすごさを知ったのは、主人が結婚当初から夜の寝つきがとても悪く、お酒を飲んでも午前3時くらいまで眠れなかったのですが、足心道をするようになりコロッと眠れるようになった時です。
本当にびっくりしました。
子育て中は、子供が病気になった時には、足心道をすると安心するらしく、また、調子の悪い時にはそれに対応するつぼが押すと痛くなり、そこをほぐすことで自然治癒力が高まるようでした。

今も毎晩、主人と自分の足の裏をほぐしています。
これをすることで、緊張がほぐれ、多分副交感神経が優位になるのだと思います。
リラックスをすることが出来、疲れを持ち越しにくくなっているように思います。

今まで、体調が悪い時や痛みがある時、足心道で関連するつぼを押すことでほとんど薬いらずで済みました。
これのいいことは、やろうと思えば自分で出来ることです。
自分の指を使うと痛くなるので、私は棒を使っています。
即効性のある場合もありますし、徐々に効いてくることもあります。
ただ、ほぐす順番がありますので、やり方を本で確認しながらやるのがいいと思います。

今までの経験から、ストレスや神経の高ぶりでリラックスできない場合、とてもよく効くと思います。
胃腸の調子、特に動きが悪くて腹部膨満感があるとか便秘などの場合もよく効くと思います。
飛行機に乗って、耳が詰まってしまう時は、足と手のつぼは対応しているので、手にある耳のつぼをほぐしていると詰まりにくくなります。(私自身の例です)

他にも色々なことに対応できると思いますが、まずはほぐれていない足の裏をほぐすのが大事です。
ほぐれればほぐれるほど、体調がよくなっていくと思います。
よくほぐせれば、体の中のアンバランスなところが正常な状態になっていくと思います。
私が最近よく思うのは、ベンゾジアゼピンや抗うつ薬などによる離脱の症状を和らげるのに役に立つのではないかと思っています。
紹介した本は古い本ですが、やり方は詳しく書いてありますのでとても役に立つと思います。
スポンサーサイト

変形性股関節症 9 | トップページへ戻る | 変形性股関節症 8

このページのトップに戻る

コメント

お久しぶりです。いつもブログを拝読させていただいて居ります。
また、早速ご相談なのですがここ5日間38度以上の熱が続いてます。喉の痛みがありますので
扁桃炎だと思いますが、少し心配になってきました。対応していることは以前の忘れな草さんのブログを
参考に休養、栄養、喉を潤す、保温に心がけてきたのですが夜は39度近く朝は37度台に戻りますがその繰り返しで、1度以上の日差があります。良いご助言がありましたらお教えください。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: タイトルなし

怜奈さん、調子はいかがですか?
少しずつでもよくなってきているようですので、とりあえずしっかり体を休めて、水分補給に努めて下さい。
足のつぼの絵を探していたら、私が持っているのと同じのがありましたので、参考までに見て下さい。
http://myway245.netshop-g.com/index.php?%E8%B6%B3%E8%A3%8F%E3%83%84%E3%83%9C%E5%8F%8D%E5%B0%84%E5%8C%BA%E6%89%8B%E9%A0%86%E8%A1%A8
ここの2番目の絵を見て下さい。
45番が扁桃腺です。
41番が胸部リンパ腺です。
出来れば、このサイトに書いてあるような手順で、足の裏全体をほぐすといいのですが、得に45番と41番を左右ともほぐしてみて下さい。
なでるのではなく、しっかり押してちょっと痛いくらいがいいです。

一日も早く治りますように、祈っています。

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る