トップ  >  変形性股関節症  >  変形性股関節症 7

変形性股関節症 7

2012年06月06日

前回までで私の股関節の話は終わりです。
今は仮免の状態でいろいろ試しているところです。
私のことなのに長々と書いたのは、脚長差のある人で保存療法をしている人の情報が少ないので少しは役に立つのではないかと思ったからです。
股関節症に関係ない人にとっては事細かく書いて何だろうと思われたかもしれません。
お許しください。

今、普通の人のように立ったり歩けるようになって、本当に便利だなぁと思います。
もちろん、長い間しゃがんだりすることは難しいですし、重いものを持つことも苦手です。
調子に乗って家事をやり過ぎるとと、股関節は痛みませんが、あちこち痛くなったりします。
まだ、体の使い方も習得したとは言い難いと思います。
だいだいこの足でどこまで出来るのかよくわかりません。
私にとって、今のままでもいいし以前の状態に戻ったらちょっと不便だけど…でも十分生活できるのでそれはそれでいいと思っています。

時間がたってみないと分からないことがたくさんあるので、保存療法に取り組む人は短い期間で一喜一憂しないで長い時間の経過の中で評価することが大切だと思います。
ただ、痛みがある時にはとりあえず休んで痛まない生活をすることが大切だと思います。
中には痛み止めを飲んで動いている人もいるようですが、痛み止めは単に痛みを感じなくさせているだけで決して悪い部分を治しているのではないことを忘れないで下さい。
痛み止めを長期に飲んで、副作用がないということはないのですから。

最後に、私の股関節のレントゲン写真を載せます。
CIMG1113_convert_20120606160447.jpg
2007年に撮ったものですが、私の撮り方が下手なので分かりづらいかもしれませんが、参考までに載せました。
拡大して見たい時は、画像をクリックして下さい。

スポンサーサイト

変形性股関節症 8 | トップページへ戻る | 変形性股関節症 6

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る