FC2ブログ

自分の体を知るということ

体調管理
01 /19 2016
自分の体のことは、自分にまかせるのが一番だと最近つくづく思います。 

例えば、朝起きた時に、どこかが痛いとします。
思い当たる節もなく、どうして痛いのか、以前だったら、朝からちょっと暗い気持ちになってしまい、あれこれその痛みの原因を考えたりしていました。
何か、出来ることはないか・・・薬、病院に行く等々、体の外から何かしないと治らないのではと思ったり・・・

でも、今は違います。
何故なら、体のどこかが悪くなって修復が必要なことを体は自動で見つけて、すぐに修復を始めるのですから、こんな便利なことはありません。
もし、修復が必要なところを自分で見つけて、スイッチか何かを押さなければ修復しないのだったら、生きていくのは無理です。
痛みは、修復中のことですので、「頑張って修復してね!ありがとう!!」と思いつつ、修復を待つだけです。
だいたい、長くても2週間くらいで修復は終わります。
自分の体を信じて任せていれば、1週間もかからないことがほとんどです。

こういう生活をしていると、病院に行くことがありません。
最後に行ったのは、10年以上前・・・よく覚えていません。
薬も今では必要ありません。
体が、一番働きやすい環境にするには、体からの信号をうまくキャッチすることだと思います。
そのために、日ごろから、自分の体をよく観察してみて下さい。
いろいろなことが分かってくると思います。

自分の体を知るということは、楽に生きていくうえでとても大切なことだと思います。
私の体験ですが、参考になるかもしれませんので、少しづつ書いていきたいと思います。

スポンサーサイト

忘れな草