トリガーポイントの施術について

トリガーポイントの施術
01 /29 2018
今、毎週トリガーポイントの施術を受けています。
今までの施術やピラティスとは全く違う視点で痛みや体全体を見てくれるので、私には痛みがある人には一押しの施術です。
ただ、世の中にはトリガーポイントと名のついた施術所がたくさんあるようで、私がお勧めしたいのはトリガーポイント研究所の所長の佐藤先生が考案されている施術を正しく行ってくれるところです。

何故、トリガーポイントの施術が効果があるのかというと、一つには体全体を調整するという考え方があるからです。
トリガーポイントが、まさに引き金となって痛みを発する訳ですが、トリガーポイントがある場所だけでなく、離れた場所にも痛みを引き起こします。(関連痛と言います。)
何故なら、トリガーポイントは、筋膜ライン上のどこかに出来て、それがある一定以上たまってしまうと痛みを引き起こすと考えられているのですが、筋膜は体の構造を作っている大元でいくつものラインが体中を交錯して走っています。
そして、トリガーポイントは、それが出来たところ、筋膜ライン上の離れたところ、更には交錯している別のライン上など、色々なところに痛みを発するのです。

私は小学生の頃、理科で習う骨や内臓について不思議に思ったことがありました。
例えば、骸骨の標本は、骨を糸で結んでバラバラにならないようにして形作られているのですが、体の中ではどうなっているのだろうか(?)と。
筋肉がついているから動くのは分かるのですが、それだけで人間の形にはならないし、内臓もどうして決まった位置にあるのか・・・考えると不思議で仕方がありませんでした。
それは、筋膜(結合組織)があるからだったのです!
頭の先からつま先まで、それ以外にも体中を筋膜が支えてくれているのです。
アナトミートレインという本に詳しくそのラインが載っています。
そこから拝借しました。
このライン上にトリガーポイントができて、自己回復できる間はいいのですが、それが出来ずにどんどんたまっていくと筋膜ライン自体が板のようになってしまい、痛みのオンパレードになってしまいます。(少し前の私はそうでした。)

トリガーポイント研究所の佐藤先生の考案された施術は、全体調整をしながらその人に合ったやり方で徐々に固まった筋膜をほぐしてくれます。
長年痛みに悩んでいる方は、是非、佐藤先生のトリガーポイントの施術を受けて下さい。

スポンサーサイト

忘れな草