避けた方がいい食品と必要な栄養

食事・サプリ
04 /24 2018
避けた方がいい食品は何かと考えると、悪い脂質精製糖質を多く含む加工食品・冷凍食品・お惣菜といった食品は出来れば避けた方がいい食品になります。
また、外食での揚げ物も、使われている油と衣(精製糖質)のことを考えると、気をつけた方がいいと思います。

本当に正しい栄養のバランスを考えると、良質のタンパク質と良質の脂質はすべての人に必須なものですが、それ以外のビタミンミネラルは個人差が大きいです。
ビタミンミネラルは、補酵素として働きます。
補酵素がないと代謝を行う酵素が働くことが出来ません。

どうして必要なビタミンミネラルは個人差が大きのでしょうか?




スポンサーサイト

分子栄養学とトリガーポイントの施術について

食事・サプリ
02 /03 2018
以前もちょっと書いたことがありましたが、今、分子栄養学を勉強しています。
そして、この知識を活用すると、に頼らなくても(というよりのせいでかえって悪くなっていると思うのですが)栄養で健康になれることが分かりました。
分子栄養学は奥が深く、日々勉強ですが、自分で自分の健康を管理するには欠かせないものだと思います。
更に、トリガーポイントの考え方を取り入れると、かなりの人が元気になるのではないかと思います。
体を緩めれば、栄養も隅々まで行き届きます。
そうすれば、更に健康になるといういいサイクルが出来るのです。

私のつたない知識ですが、これをシェアすることで、ちょっとした健康へのヒントを見つけて頂ければと思い、質問されて答えたことや、栄養に対する考え方を少しずつ書いて行こうと思います。


特に閉経前の女性に読んで欲しい本

食事・サプリ
08 /01 2017
先日、とても良いが出版されました。 
 いつもフェイスブックで貴重な情報を発信しておられる藤川徳美先生のです。 
そのは、 「うつ・パニックは「」不足が原因だった (光文社新書)」です。
固定リンク: http://amzn.asia/gJFYkwD
先生は精神科医ですが、日人の精神疾患の大半が質的栄養不足が原因で、特にタンパク質の重要性をいつもおっしゃっています。
 精神疾患でなくても、何となく調子が悪い人や、生理がある女性には必読の書だと思います。 
当の健康とは、体を作る栄養をいかに正しく取るかにかかっていると思います。
 体の機能を十分に活用するためにも、是非、読んで下さい。

今の食事とサプリ

食事・サプリ
06 /13 2017
4月9日に、ナイアシン100mg1錠を再開しました。
きっと体にヒスタミンをため込んでいると思われますので、何とかして、ナイアシンを飲めるようになりたいと思ったからでした。
飲み始めると、すぐに体に残っていた赤みが消えてしまいました。
4月28日に、100mg1錠を朝夕2回にしました。
そして、5月10日に、ナイアシンエステル250mg1錠にしました。

ナイアシンエステルは、フラッシュを起こしにくいナイアシンです。
詳しくは、藤川先生のブログ記事を参考にして下さい。

前回の記事の後、体重が増えた状態は足の悪い私にはやはりよくないと再確認し、今年に入ってから、そこまで体重を絞っていなかった(50kg前後)のですが、もう少し厳格にコントロールすることにしました。
子供の時から、足が悪いので太ってはいけないと言われ続け、自分でも体重を常にコントロールしてきました。
慣れていると言えばそれまでですが、やはり常に飢餓感があったのも事実です。
だから、ちょっと緩めの体重コントロールになっていたのですが、足のことを第一に考えないと、トータルでQOLが下がることが分かりました。

色々考えて、今の1日の食事とサプリは、
ホエイプロテイン60g、卵3~4個、肉130g、魚100~150g、くるみ30g。
アドバンスト・フェロチェル1錠、ビタミンA25000IU4カプセル、ビタミンB50コンプレックス2カプセル、エスターC1000mg2錠、、ビタミンE400IU4カプセル、マルチビタミン・ミネラル3錠、ベンフォチアミン150 2カプセル、アスタキサンチン12mg1カプセル、ナイアシンエステル25mg1カプセル。
ビタミンD5000IU1カプセルのみ隔日
です。

幸い、体重は自分のベスト体重(48.5kg前後)に戻り、ややそれを下回りそうになっているので、キープするために試行錯誤中です。

アドバンスト・フェロチェルは鉄ですが、フェリチン値が100以上だったので、しばらくやめていたのですが、体感的に飲んでいる方が調子がいいので飲んでいます。

また、ビタミンAを4カプセルにしてから、目の調子がいいです。
それまでは、時々痒みが出ていましたが、今はほとんどありません。

体重とのからみで、低T3症候群は治らないかもしれませんが、仕方ないかなと思っています。
足の状態を少しでも良くしておかないと生活できないので、少々冷えがあってもそれ以外困ったことはないのでいいかなと思っています。

ナイアシンフラッシュ以上

食事・サプリ
06 /13 2017
3月にナイアシンを300mgにしてほどなく、右足の鼠径部がちょっと赤くなっていることに気付きました。
ただ、それ以外に気になるところはなく、そのまま様子を見ていたのですが、2~3日でだんだん赤い部分が広がっていき、右足だけでなく左足、腹部、両腕へと広がっていきました。
そして、むくみもひどくなっていました。
この時点で、ナイアシンだと思い、飲むのを止めましたが、治まる様子はありませんでした。
痒みはありましたが、耐えられないほどではなく、ちょっと眠りにくいくらいでした。
面白いことに、露出している部分は赤みもむくみもありませんでした。

それから、むくみのせいだと思いますが、体重が増えていき、妊娠時以外では過去最高まで体重が増えました(52.65kg)。
むくむこと自体が、あまりないので、とても変な感じでした。

結局、2~3週間で、落ち着きました。
むくみは無くなり体重も元に戻りましたが、赤みは若干薄くはなったものの残ったままでした。

忘れな草