FC2ブログ

抗うつ薬 2

抗うつ薬
04 /17 2018
別の抗うつ剤であるサインバルタについて見てみます。
パキシルもサインバルタも、セロトニン再取り込み阻害剤なので、リリカのところで書いたようなセロトニン症候群の害作用があります。
不安・混乱する・いらいらするに加えて、興奮する、動き回る、手足が勝手に動く、眼が勝手に動く、震える、体が固くなる、汗をかく、発熱、下痢、脈が速くなるなどです。
そして、サインバルタは、セロトニンだけでなくノルアドレナリンという興奮系の神経伝達物質の再取り込みも阻害します。
そのため、吐き気、悪心、口内乾燥、便秘、排尿障害、眠気、めまい、頭痛、不眠、肝機能異常、血圧上昇、心血管系の害もあります。

そして、一番の問題は、パキシルもサインバルタも依存が生じ、離脱症状が現れることです。
下の図を見て下さい。
これは、アメリカの非営利組織ISMPのQuarter Watchの2017年6月の報告から表をコピーして、私がピンクで書き込んでいます。
1番上がサインバルタで、急な中止により離脱症状を起こす薬の中で、それが起こる頻度は他の薬剤と比較して135.6倍(右側の数字です)でした。
2番目に書かれているのがパキシルで、55.3倍です。
下の方にリリカと、トラムセット(正確にはトラムセットのオピオイドであるトラマドールですが)がありますが、それぞれ6.8倍と6.3倍となっています。

サインバルタは堂々の1位(!)、2位はパキシルです。
リリカとトラムセットが可愛いくらいですが、依存が生じた人にとってはそんなことは関係ありません。
今回取り上げた4つの薬剤は、どれも離脱症状が起きやすいのです。
一旦始めたら一生飲んでもらうために出来るだけそういう薬を処方しているかのようです。
離脱症状の報告件数と起こしやすさ 


スポンサーサイト

慢性痛の痛み止め 2

痛み止め
04 /13 2018
前回の続きです。
更に悪いことに、トラムセットと一緒にリリカという睡眠薬抗不安薬と似た薬を処方することが多いようです。
トラムセットの害作用を抑えるためにという名目でリリカを同時処方しているようですが、実際には、リリカも依存を生じますので、ますます薬を止められなくなります。
当然、リリカにも害作用はあります。
睡眠薬抗不安薬と同じような害作用です。
めまい、眠気、むくみ、体重増加、便秘、下痢、更に意識消失による事故や多幸感、離脱症状、目が見えにくくなる、霧がかかったように見える、心不全、肺水腫などがあります。
前回の記事でも書いたアメリカのPublic Citizenの評価は、リリカもリスクが利益より上回っているので使ってはいけない薬になっています。
脳内で効く薬は総じて依存を生じます。
慢性痛に悩む人は、まさか痛みを止めるために処方された薬が麻薬のような薬とは思わないでしょう。

忘れな草