FC2ブログ

痛みと栄養

痛み
04 /30 2018
私自身、長年痛みと付き合ってきた経験から、栄養は非常に大事だと思います。
トリガーポイントの施術を受ける前から、高たんぱく食・糖質制限(今では、ほぼ糖質ゼロ食)、そして徐々にメガビタミンとなっていったのですが、トリガーポイントの施術で筋膜ラインが緩んでくると、栄養が体の隅々まで行き渡っていくような感じで、体感的に栄養がよりよく利用されるようになったように感じました。
筋肉や筋膜を作るために必要なコラーゲンのために高たんぱくとビタミンCは必須です。
そして、ビタミンEによる血行促進作用も大事です。

今年に入ってから、VEを2倍に増やしたところ、今までの冬とは違い、手足が冷えにくくなったり、トリガーポイントの施術で緩んでいた筋膜が固まりにくくなったりと、大きな効果を感じました。
また、痛みがある人はストレスを常に感じているので、そのストレス対策にも、高たんぱく、VC、VEは欠かせません。
抗酸化物質としても働くVC、VEが、体内でスムーズに働くようにVB群も同時に取った方がいいです。

また、私は閉経しているので鉄不足はないのですが、鉄不足も痛みに大きく関係します。
フェリチン値を測って、鉄が不足していればキレート鉄のサプリをとって下さい。

それ以外に、ナイアシン、VA、VDもとれれば、効果があると思います。
これらの栄養をしっかり体に補充してあげることで、痛み止めを飲んでいる人は薬を止めやすくなる可能性があると思います。
スポンサーサイト

睡眠薬・抗うつ薬の断薬

抗うつ薬
04 /30 2018
私がいつも勉強させて頂いている精神科医の藤川先生の記事を読むと、睡眠や抗不安、抗うつからの離脱が出来るとの記述があります。

抗うつの場合ですが、ある女性の場合、高タンパク/低糖質食+で、半年では必要なくなったそうです。

また、40代前半男性の場合が、以下の記事です。
3種類も飲んでいた睡眠(コントミン、フルニトラゼパム、レンドルミン)は不眠は改善したため、中止出来ました。

これらの例から分かるように、きちんと栄養を取れれば、元気になれますし薬も止めることも出来ます。
体に必要なのは栄養で、薬では必要ありません。

薬と栄養 

栄養
04 /18 2018
現在の治療は、不愉快な症状を抑える、または、体内で不足している物質を増やすという対症療法的な治療がほとんどです。。
このため、体が持つ恒常性ホメオスタシス)を維持することが出来なくなります。
恒常性とは、 生体がさまざまな環境の変化に対応して,内部状態を一定に保って生存を維持することを言います。
微妙な体の働きを、ある個所で邪魔するのがです。
は、恒常性を乱すものなのです。

一方、体が恒常性を維持するためには、代謝がスムーズに行われることが必須です。
そのためには、栄養がとても大切になります。
栄養恒常性の維持に不可欠なものです。

栄養と言ってもこんなにたくさんの食品があふれている日本で、何か問題があるのだろうかと思う人もいるかもしれません。
しかし、これだけ食品があふれているにもかかわらず、実は多くの人が質的な栄養失調状態と言われています。
よく言われる、バランスの良い食事とか1日30品目食べましょうとか1日3食というのは、正しい考えという訳ではありません。
本来何を食べればいいのかというと、体の構成成分となるものを過不足なく食べれば良いのです。

どこから分子栄養学の情報を手に入れるか

情報源
02 /11 2018
分子栄養学は、自分で勉強して自分で試すことが出来ます。
それで、健康に近づけるのであれば、こんないいことはありません。

以前からは体にとって良くないと思っていましたが、栄養、特にしっかりタンパク質をとることやサプリを飲むことはそこまで大事と思っていませんでした。
しかし、試行錯誤しながら自分で試してみると、分子栄養学のすごさと必要性が分かります。
少なくとも、自分には必要だと思います。

分子栄養学は、三石巌先生が提唱されたもので、三石先生の本は手に入りにくいものもありますが、新たに再版されたりしていますので、是非読んで頂きたいと思います。
そして、三石理論を継承している藤川先生のフェイスブックやその記事を有志の人がブログ「精神科医こてつ名誉院長のブログ」にしてくれていますので、必読です。
藤川先生の本「うつ・パニックは鉄不足が原因だった」も必読書です。
また、非公開のフェイスブックのグループに、メガビタミン主義+糖質制限=藤川理論というのがあります。
色々な情報を得ることが出来ますので、興味がある方は参加されるといいと思います。



タンパク質

タンパク質
02 /03 2018

栄養を考えた食事は、その人に必要なタンパク質と良質の脂質をとることが第一です。

タンパク質に関して言うと、タンパク質が分解されてできるアミノ酸が私たちの身体が必要とする量のアミノ酸、特に体で作ることが出来ない必須アミノ酸を満たしているかどうかが問題になります。

私たちの身体が必要とする各アミノ酸を必要量含んでいるかどうかを表すスコアがあります。

プロテインスコアです。


プロテインスコア・・・食品に含まれるタンパクの良質度
必要量・・・良質タンパク10gの摂取に必要な食品量
1日に必要な良質の
タンパク質→最低、体重の1000分の1g

 


プロテインスコアが低い食品をいくら食べても、栄養を満たしているとは言えないのです。

そして、タンパク質のおおよその目安は、最低体重の1000分の1gです。

例えば、体重60kgの人だったら、1日にタンパク質を最低60gとらなければならないということになります。

どんな食品が効率よく体に必要なタンパク質を含むのか、目安になります。


この表を見て頂くと分かるように、卵や動物性たんぱく質である魚や肉はプロテインスコアが高く、よいたんぱく質だということが分かります。

一方、植物性タンパク質の代表である大豆製品の豆腐プロテインスコアは51と低いです。

豆腐で、良質なタンパク10gをとろうと思ったら、327gも食べなければなりません。

これでは、体重60kgの人が60gの良質のタンパク質をとるが結構難しいのが分かると思います。

例えば、プロテインスコアが高い豚肉で、良質のタンパクを60gとろうと思ったら、498g食べなければなりません。

これで分かるように、日本人はそもそもタンパク質の摂取量が少ない上に、良質のタンパクとなるとかなり心もとないことになっています。

良質のタンパク質が不足しているけれど、たくさんの肉や魚などを食べれない人は、ホエイプロテインなどを上手に利用するといいです。

 お勧めのホエイプロテインは、ホエイプロテインピュアアイソレート ファイン・ラボです。

https://www.amazon.co.jp/dp/B000T1E6V4/ref=cm_sw_r_cp_ep_dp_MsyDAb8709FMB

当然、新しいアミノ酸がたくさんあった方が、体に必要なよいたんぱく質が出来ます。

もし、必要な新しいアミノ酸がない場合、古いリサイクルされたアミノ酸を利用することになります。

時には、そのリサイクルアミノ酸は修飾を受けて若干形が変わっていることもあり得ます。

そのようなアミノ酸ばかりで作られたタンパク質は、ちゃんとした働きが出来ないばかりでなく、自己免疫疾患の引き金になる可能性もあるのです。


次は、具体的に良質のタンパク質をとるには、どう考えたらいいのかについて書きます。

忘れな草