噛み合わせと体のバランス

05 /06 2018
以前、についての私の考えを書いています。
今もこの考え方は変わりません。

2014年10月に初めて自然科に行きました。
その時は、右下のにブリッジをしていて、噛み合わせの調整を自力で出来ない状態になっていたので、多分相当歪んでいると思い、それを診てもらいたかったのです。
やはり、かなり噛み合わせがずれていて(顔も写真を撮ってもらったのですが、顔もかなり歪んでいました)、上下のを左右にずらすことが全くできない状態でした。
ブリッジのところを、軽く削って調整していただき、左右にをずらすことが出来るようになって、その日の治療は終わりました。
その治療後、その当時やっていたピラティスで骨盤の動きが良くなりました。

次に、2016年5月に行きました。
その時は、最初の治療でかなり改善していた噛み合わせでしたが、まだ少しずれているのが気になっていたので、診てもらいました。
自分では、ブリッジのところが問題なのかなと持っていましたが、違うのところが引っかかっていて、歯の左右の動きが若干悪い状態でした。
ホンの3回くらい問題の歯をちょんちょんと削ってもらったら、歯の左右の動きがスムーズになりました!
それから、先生は、歯はちゃんと動くようになったのだから、後は自分で歪みを治すのだというようなことを言われました。
その後、鏡を見ると、上下の歯の中央のずれが以前より小さくなったのですが、わずかながらずれがある状態でした。
やはり、脚長差があるから、これ以上は無理なのかもと思っていました。

最近、トリガーポイントの施術と合わせて、体のコアのエクササイズをしています。
前回のブログでも書いていたように、まだまだですが、少しずつこれはコア(?)みたいな感じが出てきています。
特に立っている時に感じるのですが、自分でコアを感じて立っている時に鏡で歯のかみ合わせを見てみると、ちょうど真ん中で合っています!
噛み合わせが真ん中になるなんて、初めてのことです。
でも、体が歪んでいると思う時に見てみると、1mm程度ずれています。

たとえ脚長差があっても、体のコアがちゃんとすれば、もっと可能性が広がるのではないかと思ったりしています。

スポンサーサイト

忘れな草