どこから分子栄養学の情報を手に入れるか

情報源
02 /11 2018
分子栄養学は、自分で勉強して自分で試すことが出来ます。
それで、健康に近づけるのであれば、こんないいことはありません。

以前からは体にとって良くないと思っていましたが、栄養、特にしっかりタンパク質をとることやサプリを飲むことはそこまで大事と思っていませんでした。
しかし、試行錯誤しながら自分で試してみると、分子栄養学のすごさと必要性が分かります。
少なくとも、自分には必要だと思います。

分子栄養学は、三石巌先生が提唱されたもので、三石先生の本は手に入りにくいものもありますが、新たに再版されたりしていますので、是非読んで頂きたいと思います。
そして、三石理論を継承している藤川先生のフェイスブックやその記事を有志の人がブログ「精神科医こてつ名誉院長のブログ」にしてくれていますので、必読です。
藤川先生の本「うつ・パニックは鉄不足が原因だった」も必読書です。
また、非公開のフェイスブックのグループに、メガビタミン主義+糖質制限=藤川理論というのがあります。
色々な情報を得ることが出来ますので、興味がある方は参加されるといいと思います。



スポンサーサイト

分子栄養学とトリガーポイントの施術について

食事・サプリ
02 /03 2018
以前もちょっと書いたことがありましたが、今、分子栄養学を勉強しています。
そして、この知識を活用すると、に頼らなくても(というよりのせいでかえって悪くなっていると思うのですが)栄養で健康になれることが分かりました。
分子栄養学は奥が深く、日々勉強ですが、自分で自分の健康を管理するには欠かせないものだと思います。
更に、トリガーポイントの考え方を取り入れると、かなりの人が元気になるのではないかと思います。
体を緩めれば、栄養も隅々まで行き届きます。
そうすれば、更に健康になるといういいサイクルが出来るのです。

私のつたない知識ですが、これをシェアすることで、ちょっとした健康へのヒントを見つけて頂ければと思い、質問されて答えたことや、栄養に対する考え方を少しずつ書いて行こうと思います。


忘れな草