FC2ブログ

ビタミンCの応用

ビタミンC
04 /29 2018
風邪の時に、ビタミンCを、1時間ごとに1~2g服用を続けます。
お腹が緩くなったら、2時間毎、3時間毎に減らします。
風邪などの感染症には、抗体合成、インターフェロン合成、活性酸素の処理、などのために大量のビタミンCが消費され、ビタミンC血中濃度が低下し、ビタミンC耐性用量が10~100倍に跳ね上がります。
つまり、健常時の10~100倍の量が必要となるのです。
ただ、ビタミンCが効くためには、良質のタンパク質を十分とっている必要があります。

また、便秘は、耐性用量まで行けば、下痢をするという事を利用して便秘を解消します。
便秘薬だとだんだん効かなくなって飲む量が増え、長期に渡って飲んでいると、最終的にはが動かなくなって、酷い場合は便を掻き出さなくてはならなくなります。
ビタミンCだとそういう害作用もなく、便秘を解消することが出来ます。
便秘の人は、ビタミンCが足りていないことだと言われています。

スポンサーサイト

プロテインについて

タンパク質
02 /04 2018
【質問】

プロテインはどのタイミングで頂くのがよいでしょうか。
ネットでは、ダイエットや筋肉をつけるなど、目的別に飲む時間帯が違うようですが、私としては健康のためです。
glicoのホームページで読む限りは、朝と就寝前がよいかな、と思うのですが、いかがでしょうか?

【答え】

一番重要なのは、睡眠直前と言われています。
それと、食間です。
朝食と昼食の間か昼食と夕食の間です。
もし朝食を食べないのであれば、朝でもいいと思います。
タンパク質は一度にたくさん吸収できないので、タンパク質として25g以内になるくらいの量を1回に取った方がいいです。
人によっては、もっと少ない量の方がいい場合もあります。

【質問】

なるほど。一度に沢山吸収できないのですね。
吸収できない、ということはそのまま排出されてしまうのですか?
下痢とか便秘になる、のではないですか?

【答え】

その質問は難しいですね。
私の答えがあっているかどうか分かりませんが、今分かっている範囲で答えます。
余剰タンパクは脂質に変わりますが、カロリーの少ないプロテインがメインですと、あまり太らないと言われています。
ただ、日本人でタンパク質が必要量足りている人は少ないので、元々低たんぱく食を食べていた人が急に高たんぱく食にするとでの消化吸収がうまくいかない人もいます。
その場合、食べ過ぎによる下痢も考えられますし、内細菌が対応できずに便秘になる場合も考えられます。
個人差が大きいので、自分で試しながら自分に合うように調整していくしかないと思います。

忘れな草