FC2ブログ

抗うつ薬 2

抗うつ薬
04 /17 2018
別の抗うつ剤であるサインバルタについて見てみます。
パキシルもサインバルタも、セロトニン再取り込み阻害剤なので、リリカのところで書いたようなセロトニン症候群の害作用があります。
不安・混乱する・いらいらするに加えて、興奮する、動き回る、手足が勝手に動く、眼が勝手に動く、震える、体が固くなる、汗をかく、発熱、下痢、脈が速くなるなどです。
そして、サインバルタは、セロトニンだけでなくノルアドレナリンという興奮系の神経伝達物質の再取り込みも阻害します。
そのため、吐き気、悪心、口内乾燥、便秘、排尿障害、眠気、めまい、頭痛、不眠、肝機能異常、血圧上昇、心血管系の害もあります。

そして、一番の問題は、パキシルもサインバルタも依存が生じ、離脱症状が現れることです。
下の図を見て下さい。
これは、アメリカの非営利組織ISMPのQuarter Watchの2017年6月の報告から表をコピーして、私がピンクで書き込んでいます。
1番上がサインバルタで、急な中止により離脱症状を起こす薬の中で、それが起こる頻度は他の薬剤と比較して135.6倍(右側の数字です)でした。
2番目に書かれているのがパキシルで、55.3倍です。
下の方にリリカと、トラムセット(正確にはトラムセットのオピオイドであるトラマドールですが)がありますが、それぞれ6.8倍と6.3倍となっています。

サインバルタは堂々の1位(!)、2位はパキシルです。
リリカとトラムセットが可愛いくらいですが、依存が生じた人にとってはそんなことは関係ありません。
今回取り上げた4つの薬剤は、どれも離脱症状が起きやすいのです。
一旦始めたら一生飲んでもらうために出来るだけそういう薬を処方しているかのようです。
離脱症状の報告件数と起こしやすさ 


スポンサーサイト

頭痛薬

痛み止め
04 /13 2018
普通の市販の頭痛薬でも、長期に飲んでいると薬のせいで頭痛が起こり、飲むのを止められなくなることがあります。
元々、頭痛がするから薬を飲んでいたはずなのですが、薬を長期に渡って飲む内に、薬が切れたから体が頭痛を起こして薬を飲むように仕向けるという事が起こります。
これは、まさに依存です。
ただ、この場合、2週間くらい薬を飲まないで頭痛を我慢すれば、薬の依存からは脱却できます。

他のドラッグストアで買える薬でも、依存を生じる薬は結構ありますので、薬を飲むことに抵抗がない人は、念のため薬を飲むのではなく、念のため飲まないという風に意識を変えて下さい。

忘れな草