慢性痛の痛み止め 1

痛み止め
04 /13 2018
トリガーポイント治療を受けられる方たちの中には、慢性的な痛み慢性痛)のために、一般的な痛み止めより強いオピオイドという鎮痛薬を飲んでいる人がいます。
オピオイドとは、麻薬性の鎮痛薬のことで、モルヒネの仲間になるような薬です。
元々、癌の疼痛に使われていたのですが、オピオイドの中に慢性痛に対する処方が出来るものが出てきました。
トラムセットがそうです。
これは、オピオイド(トラマドールという薬)と一般的によく使われる解熱鎮痛剤を合わせた薬です。
アメリカにPublic Citizenという健康リサーチグループがありますが、トラムセットに入っているトラマドールは、同様の薬より効果がなく、依存を生じ発作を起こし酷い害作用があることから、使ってはいけない薬となっています。
害作用としては、重篤な低血糖があること、せん妄や認知症になること、セロトニン症候群などがあります。
セロトニン症候群とは、脳内のセロトニンが過剰になることによって起きます。
症状は、不安・混乱する・いらいらするに加えて、興奮する、動き回る、手足が勝手に動く、眼が勝手に動く、震える、体が固くなる、汗をかく、発熱、下痢、脈が速くなるなどです。
セロトニン諸侯群の症状を聞かれて分かるように、これでは筋肉や筋膜が緩むことは難しくなります。
トリガーポイントによる痛みの場合、この薬で痛みが取れにくくなり、むしろひどくなることが容易に考えられます。

スポンサーサイト

分子栄養学とトリガーポイントの施術について

食事・サプリ
02 /03 2018
以前もちょっと書いたことがありましたが、今、分子栄養学を勉強しています。
そして、この知識を活用すると、に頼らなくても(というよりのせいでかえって悪くなっていると思うのですが)栄養で健康になれることが分かりました。
分子栄養学は奥が深く、日々勉強ですが、自分で自分の健康を管理するには欠かせないものだと思います。
更に、トリガーポイントの考え方を取り入れると、かなりの人が元気になるのではないかと思います。
体を緩めれば、栄養も隅々まで行き届きます。
そうすれば、更に健康になるといういいサイクルが出来るのです。

私のつたない知識ですが、これをシェアすることで、ちょっとした健康へのヒントを見つけて頂ければと思い、質問されて答えたことや、栄養に対する考え方を少しずつ書いて行こうと思います。


近況

変形性股関節症
02 /03 2018
補高の高さの微調整を、貼るカイロでは安定性に欠けるので、
100均で色々なインソールと両面テープを買ってきて試しています。
これが思ったより難しく、微妙に違う高さで試しているところです。
ちょっと高さが足りないと、右足の股関節付近(?)が何とも言えず痛くなりますし、右上半身で無意識に引き上げているせいか、右上半身が固まりがちになります。
少し高くしてみたら、ちょっと高すぎるのかもしれない感じで、今度は左足の太ももの前面の一部がちょっと痛くなります。
更に微調整して、今のところ大丈夫かな(???)という感じです。
しばらく使ってみないと分からないし、補高は使っているうちにどうしても少しずつ圧縮されたり歪んだりするので、難しいです。
でも、何とかうまくいくように、トライアンドエラーで頑張ります。

それから、足の痛みが随分軽減されたためか、右腕や右肩回りが気になり始めています。
約25年間杖を使って、右上半身を酷使してきたので、そのせいかもと思っています。
何しろ、外出時は松葉杖にすがって歩き、立つ時は完全に松葉杖に寄りかかっていたので、右手はしびれて感覚がないことも多々ありました。
右手は、だんだん思うように使えず力が入らなくなっていたのですが、それはトリガーポイントの施術のお蔭で普通に戻って、感謝しています。
普通に使えるって本当にいいですね。

忘れな草