トップ

施術日前日

2017年08月15日

今回は、今までで一番いい感じの1週間だったように思います。

両足のくるぶしより下が安定してきたおかげで、背筋、特に腰回りの所が楽になってきています。
上部の背筋はまだまだですが、以前よりはいいように思います。

右足は疲れにくくなっていますが、左足は脚長差のせいか、痛みはあります。
我慢できないほどではありませんが、ちょっと辛いという感じです。

日曜日に、久々に晴れたので、家事をいつも以上にしました。
左足がそのため疲れて痛みがあるのですが、いつもに比べるとかなりましです。
少しずつ、いい方向に向かっているのかもしれません。

施術日が待ち遠しいという感じがなかったのは、今回が初めてです。
スポンサーサイト

このページのトップに戻る

体の状況

2017年08月08日

前回の施術で、左足のくるぶしのエクササイズが思った以上に良い効果が出ているらしいということが分かりました。
うすうす気づいていたのですが、右足のくるぶしもエクササイズをした方がいいようです。
何故なら、左足だけとても安定して余計な力が抜けていて、右足は不安定で変な力が入っているからです。
その日から、右足のエクササイズを始めたところ、ほぼ5日くらいで右足もいい感じになってきました。

ところが、その部分の改善に伴い、他の部分がついていけていません。
多分、脚長差があるため、一筋縄ではいかないようです。
日曜日には、右足の付け根の部分が酷く痛くなり、立っているのも辛くなりました。
このまま水曜日(施術の日)まで頑張ろうと思っていましたが、このままでは厳しいと思い、補高を1段高くしました。
約3cmの高さにしました。
以前これでトライした時には、高過ぎる感じで続けられなかったのですが、今回は違います。
こうすることで、右足の付け根のツッパリ感がなくなり、痛みが治まりました。
ただ、今度は左足がいまいちなじんでいない感じです。
以前の低い補高でもいまいちだったのですが、今度は場所を変えていまいちな感じです。
やはり左足は全体がほぐれていないので、まだまだ時間がかかると思います。

一つ一つ、少しずつ、焦らずに続けていこうと思います。

このページのトップに戻る

特に閉経前の女性に読んで欲しい本

2017年08月01日

先日、とても良い本が出版されました。

いつもフェイスブックで貴重な情報を発信しておられる藤川徳美先生の本です。
タイトルは、「うつ・パニックは「鉄」不足が原因だった」です。

先生は精神科医ですが、日本人の精神疾患の大半が質的栄養不足が原因で、特に鉄とタンパク質の重要性をいつもおっしゃっています。

精神疾患でなくても、何となく調子が悪い人や、生理がある女性には必読の書だと思います。
本当の健康とは、体を作る栄養をいかに正しく取るかにかかっていると思います。
体の機能を十分に活用するためにも、是非、読んで下さい。

このページのトップに戻る

明日は施術日です

2017年08月01日

今回は、いつもと違うパターンでした。
いつもだと金曜日から調子が良くなるのですが、今回は良くなりませんでした。
確かに、ほぐれた感じはあるのですが、痛みが取れませんでした。

どうしてだろうと考えたところ、今回、左足のくるぶしのエクササイズが関係しているように思います。
これをすると、左の足の裏の不安定さが減少しているように感じます。
ただ、それに伴って左足全体の使い方が変わるようで、あちこち、特に膝から上の部分に痛みが出ます。
右足の付け根も、痛みが出ています。
今回は、施術日までこのままかなと思っていたところ、今日(火曜日)になって、とても楽になりました。

明日の施術で、筋膜がどういう状態か聞くのが楽しみです。
これはきっと前進しているのではないかと期待しています。

このページのトップに戻る

昨日の施術

2017年07月27日

昨日施術に行ってきました。
施術の2日前からだんだん足の調子が怪しくなっていましたが、前日はかなり悪くなっていました。
残念ながら、やはり1週間いい調子は続きませんでした。
でも、前回に比べると微々たる差ですが、ましだったように思います。
また、先生から、お腹がほぐれてきていると言っていただき、嬉しかったです。

今回、教えて頂いた注意すべき点は、左足の外側のくるぶしが下がり気味ということです。
常にそういう傾向があるため、左足の外側を常に引き延ばしていることになります。
それも痛みが出る原因の一つと思われます。
それを解消するエクササイズを教えて頂きました。

今日は、施術の次の日ということで、左足の膝裏を中心として痛みがあります。
明日には楽になると思います。

コアやくるぶしのエクササイズとセルフケアを頑張って、次の施術まで頑張ろうと思っています。

このページのトップに戻る

  1. トップページに戻る
  2. 次のページへ