噛み合わせと体のバランス

05 /06 2018
以前、についての私の考えを書いています。
今もこの考え方は変わりません。

2014年10月に初めて自然科に行きました。
その時は、右下のにブリッジをしていて、噛み合わせの調整を自力で出来ない状態になっていたので、多分相当歪んでいると思い、それを診てもらいたかったのです。
やはり、かなり噛み合わせがずれていて(顔も写真を撮ってもらったのですが、顔もかなり歪んでいました)、上下のを左右にずらすことが全くできない状態でした。
ブリッジのところを、軽く削って調整していただき、左右にをずらすことが出来るようになって、その日の治療は終わりました。
その治療後、その当時やっていたピラティスで骨盤の動きが良くなりました。

次に、2016年5月に行きました。
その時は、最初の治療でかなり改善していた噛み合わせでしたが、まだ少しずれているのが気になっていたので、診てもらいました。
自分では、ブリッジのところが問題なのかなと持っていましたが、違うのところが引っかかっていて、歯の左右の動きが若干悪い状態でした。
ホンの3回くらい問題の歯をちょんちょんと削ってもらったら、歯の左右の動きがスムーズになりました!
それから、先生は、歯はちゃんと動くようになったのだから、後は自分で歪みを治すのだというようなことを言われました。
その後、鏡を見ると、上下の歯の中央のずれが以前より小さくなったのですが、わずかながらずれがある状態でした。
やはり、脚長差があるから、これ以上は無理なのかもと思っていました。

最近、トリガーポイントの施術と合わせて、体のコアのエクササイズをしています。
前回のブログでも書いていたように、まだまだですが、少しずつこれはコア(?)みたいな感じが出てきています。
特に立っている時に感じるのですが、自分でコアを感じて立っている時に鏡で歯のかみ合わせを見てみると、ちょうど真ん中で合っています!
噛み合わせが真ん中になるなんて、初めてのことです。
でも、体が歪んでいると思う時に見てみると、1mm程度ずれています。

たとえ脚長差があっても、体のコアがちゃんとすれば、もっと可能性が広がるのではないかと思ったりしています。

スポンサーサイト

近況

変形性股関節症
05 /03 2018
右の腸腰筋は、ようやく落ち着いてきました。
完全に痛みがなくなってわけではありませんが、ほとんど気にならなくなりました。
ちょっと痛みがある方が、右足ばかり使わずに済むのでいいかもしれないと思っています。

家事をしていて、しゃがむ動作が多いと気づきました。
そして、そのしゃがむ動作が、右の腸腰筋に過負荷を与える最大の原因だと分かりました。
何とかうまく両足を使えるといいのですが、うまくいきません。
これが解消されたら相当楽になれそうですが、いつのことやら・・・

体全体の筋膜がかなりほぐれてきたので、左足の筋力をつけるエクササイズをやっていたのですが、これはどれもうまくいきませんでした。
筋力をつける前に、体のコアをしっかり認識することが大事なようです。
結局、今までの間違った使い方以外を知らないので、筋トレが必要な筋肉の筋トレにならず、間違った筋肉への負荷となり、痛みが出ていたようです。
とりあえず、コアのエクササイズをじっくりとやっていこうと思っています。



痛みと栄養

痛み
04 /30 2018
私自身、長年痛みと付き合ってきた経験から、栄養は非常に大事だと思います。
トリガーポイントの施術を受ける前から、高たんぱく食・糖質制限(今では、ほぼ糖質ゼロ食)、そして徐々にメガビタミンとなっていったのですが、トリガーポイントの施術で筋膜ラインが緩んでくると、栄養が体の隅々まで行き渡っていくような感じで、体感的に栄養がよりよく利用されるようになったように感じました。
筋肉や筋膜を作るために必要なコラーゲンのために高たんぱくとビタミンCは必須です。
そして、ビタミンEによる血行促進作用も大事です。

今年に入ってから、VEを2倍に増やしたところ、今までの冬とは違い、手足が冷えにくくなったり、トリガーポイントの施術で緩んでいた筋膜が固まりにくくなったりと、大きな効果を感じました。
また、痛みがある人はストレスを常に感じているので、そのストレス対策にも、高たんぱく、VC、VEは欠かせません。
抗酸化物質としても働くVC、VEが、体内でスムーズに働くようにVB群も同時に取った方がいいです。

また、私は閉経しているので鉄不足はないのですが、鉄不足も痛みに大きく関係します。
フェリチン値を測って、鉄が不足していればキレート鉄のサプリをとって下さい。

それ以外に、ナイアシン、VA、VDもとれれば、効果があると思います。
これらの栄養をしっかり体に補充してあげることで、痛み止めを飲んでいる人は薬を止めやすくなる可能性があると思います。

睡眠薬・抗うつ薬の断薬

抗うつ薬
04 /30 2018
私がいつも勉強させて頂いている精神科医の藤川先生の記事を読むと、睡眠や抗不安、抗うつからの離脱が出来るとの記述があります。

抗うつの場合ですが、ある女性の場合、高タンパク/低糖質食+で、半年では必要なくなったそうです。

また、40代前半男性の場合が、以下の記事です。
3種類も飲んでいた睡眠(コントミン、フルニトラゼパム、レンドルミン)は不眠は改善したため、中止出来ました。

これらの例から分かるように、きちんと栄養を取れれば、元気になれますし薬も止めることも出来ます。
体に必要なのは栄養で、薬では必要ありません。

ビタミンCの応用

ビタミンC
04 /29 2018
風邪の時に、ビタミンCを、1時間ごとに1~2g服用を続けます。
お腹が緩くなったら、2時間毎、3時間毎に減らします。
風邪などの感染症には、抗体合成、インターフェロン合成、活性酸素の処理、などのために大量のビタミンCが消費され、ビタミンC血中濃度が低下し、ビタミンC耐性用量が10~100倍に跳ね上がります。
つまり、健常時の10~100倍の量が必要となるのです。
ただ、ビタミンCが効くためには、良質のタンパク質を十分とっている必要があります。

また、便秘は、耐性用量まで行けば、下痢をするという事を利用して便秘を解消します。
便秘薬だとだんだん効かなくなって飲む量が増え、長期に渡って飲んでいると、最終的にはが動かなくなって、酷い場合は便を掻き出さなくてはならなくなります。
ビタミンCだとそういう害作用もなく、便秘を解消することが出来ます。
便秘の人は、ビタミンCが足りていないことだと言われています。

忘れな草