FC2ブログ
油脂と必須脂肪酸について
この記事では、

どんな油脂を摂るかで健康に関係あるの?
必須脂肪酸って何?
必須脂肪酸はどうしたらいいの?

こういったお悩みに答えていきます 

 この記事の内容
・油脂(脂肪酸)とは
・油脂の問題点
・油脂の摂り方
・油脂を選ぶ時のヒント
・食べて良い油脂・食べてはいけない油脂一覧

油脂(脂肪酸)とは

油脂(脂肪酸)には、飽和脂肪酸と言って常温では固体の脂と、不飽和脂肪酸と言って常温では液体の油があります。
飽和脂肪酸は、主に動物性の脂肪(お肉の脂やバターなど)です。
不飽和脂肪酸は、主に植物性の油(キャノーラ油やサラダ油など)です。
しかし、植物性の油脂でもパーム油やマーガリンのように固体のものもありますし、動物性の油脂で魚油のように液体のものもあります。

不飽和脂肪酸は、構造によって一価不飽和脂肪酸と多価不飽和脂肪酸に分かれています。
一価不飽和脂肪酸はオメガ9(ω9)と言われ、オリーブオイルに多く含まれるオレイン酸があります。
不飽和脂肪酸は酸化しやすいのですが、その中では、この一価不飽和脂肪酸は酸化しにくい油になります。
もちろん飽和脂肪酸の方が一価不飽和脂肪酸より酸化されにくいです。
また、オレイン酸は飽和脂肪酸から体内で作られますので、わざわざ摂る必要はありません。

多価不飽和脂肪酸はオメガ6(ω6)とオメガ3(ω3)があります。
これらは非常に酸化されやすい油です。
ところが、このオメガ6とオメガ3の脂肪酸は、必須脂肪酸と言われ、体内で合成できない脂肪酸で、食事から必ず摂取する必要があります。

必須脂肪酸として、オメガ6はリノール酸、オメガ3はα(アルファ)-リノレン酸やEPA、DHAです。
どちらも体内で合成ができないので、摂取する必要がありますが、とても酸化されやすい油です。
オメガ9よりオメガ6,オメガ6よりオメガ3の方がより酸化されやすいです。

油脂の問題点

オメガ6のリノール酸は必須脂肪酸ですが、体が必要とする以上に摂りすぎています。
リノール酸が過剰になると炎症を起こしやすくなるので、過剰摂取にならないようにする必要があります。
一方、オメガ3のαーリノレン酸は必須脂肪酸ですが、不足しています。
αーリノレン酸は炎症を抑える働きがありますので、不足すると炎症が起きやすい状態になります。

今の食生活では、リノール酸が多過ぎてαーリノレン酸などが不足しているので、炎症が起きやすい状態になっている人が多いです。

また、脳卒中促進や環境ホルモン作用などを示す油脂があります。
油脂の持つ環境ホルモン作用は、精巣機能障害(精子減少)を起こして少子化の原因の可能性があります。
毎日食べるものに含まれる油脂なので、環境ホルモン作用がある油脂を子供のころからとり続けていることから、少子化になっていると考えられるのです。

このような油脂は、たくさんあります。
・キャノーラ油、その他の菜種油
・パーム油
・オリーブオイル
・ココナッツオイル
・綿実油
・紅花(サフラワー)油
・ヒマワリ油
・コーン油
・サラダ油
・月見草油
・マーガリン
・ショートニング
・植物性ホイップクリーム
・ファットスプレッド(植物性のもの)
・コーヒーフレッシュ(植物性のもの)

パーム油などは、直接使っていないから関係ないと思われるかもしれませんが、体に悪いと言われるトランス脂肪酸が入っているマーガリンなどの代用品として、多くの加工食品などに含まれていますが、表示義務がないため、「植物油脂」「植物油」「食用油脂」のような書き方しかしていません。
外食産業で使われている油も、安全な油が使われているかどうかは分かりません。

オリーブオイルやココナッツオイルもダメなのかと驚かれるかもしれません。
残念ながら、世の中で信じられているほどいい油ではないのかもしれません。

オリーブオイルは、発がんや脳卒中を促進する作用があるという研究結果があります。
また、高品質のエクストラバージンオリーブオイルはとても高価なもので、ほとんどが科学的に精製されたオリーブオイルをブレンドした偽物のようです。
本当のオリーブオイルだと1mL6~10円の価格のものになります。
上質のオリーブオイルを加熱せずに、少量を香り付けとして楽しむような使い方だったら問題ないのかもしれません。

ココナッツオイルは、男性ホルモンのテストステロンを還元してジヒドロ型に変える酵素を阻害しますので、環境ホルモン作用があります。

油脂の摂り方

油脂を正しく摂ることはとても大事なことです。
摂り過ぎと言われている必須脂肪酸のオメガ6のリノール酸は、普通の食事で必要量は摂れていますので、わざわざ油から摂る必要はありません。
一方、不足している必須脂肪酸のオメガ3のαーリノレン酸やEPA、DHAは積極的に摂らなければなりません。
リノール酸の1日の目安は8gです。

お勧めの摂り方は、オメガ3とオメガ6の比が、1:1から1:2の間になるようにすることです。
実際、食事からどのくらいのオメガ3とオメガ6が摂れているのかを知りたいときは、以下のサイトで調べることができます。

それぞれの脂肪酸について詳しく知りたいときは、以下のサイトを利用するといいです。
https://calorie.slism.jp/

オメガ3のEPAやDHAを摂るには、新鮮な魚を食べるのがお勧めです。
青魚のサバ、イワシ、サンマなどや、ブリ、サケなどです。
食べる機会が少ない人は、EPA/DHAのサプリメントを利用するのがいいと思います。
サプリメントだったら、EPAとDHAで1日1gを目安に摂るといいです。
また、オメガ3のαーリノレン酸はシソ油かえごま油か亜麻仁油を小さじ1摂るといいです。

加熱調理には、酸化されにくい飽和脂肪酸のバター、ギー、ラードを使うのがお勧めですが、和食の調理に合わないということであれば、太白ごま油かコメーユという米油だったら使ってもいいかもしれませんが、大量に使うとリノール酸過剰になるので注意が必要です。

油脂を選ぶ時のヒント

私自身の例ですが、花粉症があります。
そのため、今の時期は、酷い症状は出ませんが、花粉症だなという感じで過ごしています。
できるだけ、症状が出ないようにするために、炎症を起こす食品は避けています。
炎症を起こす食品については、以前の記事「炎症について」を参照してください。
また、「薬に頼らない花粉症対策」の記事に書いたことも行っています。

最近、油脂について勉強をし直して、以前より、油脂が体に与える影響が大きいことに気づきました。
細胞の生体膜には油脂からの脂肪酸が必須です。
また、ホルモンの原料にもなりますので、どんな油脂を摂っているのかによって体への影響は計り知れません。

また、アレルギーがある場合、炎症をなるべく起こさないようにするために、オメガ3とオメガ6の比をできるだけ1:1に近づける必要があります。
それで、今まで加熱調理に使っていた太白ごま油を止めて、バターやギーに変更しました。
花粉症の時期が過ぎれば、また使ってもいいと思いますが、花粉症の時期はできるだけオメガ6を減らした方がより快適に過ごせそうです。

身体は自分が食べたものからできているので、自分に合った油脂を摂るようにしてください。

食べて良い油脂・食べてはいけない油脂一覧

以前の記事、「OK食品リスト&油脂一覧」で、油脂一覧をご紹介しましたが、今回勉強して新たな情報を加えて、一部書き直しました。
今回から、油脂についてはこちらの「食べて良い油脂・食べてはいけない油脂一覧」を参考にしてください。


スポンサーサイト



[2021/02/25 15:31 ] | 栄養 | コメント(0)
睡眠薬(抗不安薬)の目次
この記事では、「睡眠薬・抗不安薬」についての関連記事の目次を書きます。

記事がたまってきたので、必要な記事を見つけるのが難しいかもしれません。
ブログ内検索を利用しても、必要な記事をすぐに見つけることができないことがありますので、今回、目次を作ってみることにしました。

睡眠薬も抗不安薬も同じタイプのベンゾジアゼピン系の薬がほとんどですので、考え方は同じです。
違うタイプのものもありますが、それは個別の記事を読んでいただけるとわかると思います。

この記事の内容
・睡眠薬とは
・睡眠について
・具体的な薬について
・断薬例

睡眠薬とは

不眠で処方されるお薬について

常容量依存とは

ベンゾジアゼピンを止めるために必要なこと


睡眠について

睡眠について


具体的な薬について

デパスってどんなお薬?

ゾルピデム(マイスリー)について

メイラックスについて

ベルソムラ(スボレキサント)とは


断薬例

ベンゾジアゼピンの断薬例

ベンゾを一気断薬した人の相談例




[2021/02/24 18:55 ] | 目次 | コメント(0)
薬に頼らない花粉症対策
この記事では、

花粉症の時、薬を飲みたくないのだけど・・・
花粉症は薬以外の対策ってあるの?

こういったお悩みに答えていきます 

 この記事の内容
・花粉症の薬
・薬以外の対策

花粉症の薬

花粉症の薬で、よく飲まれているのがアレジオン、アレグラ(フェキソフェナジン)などです。

アレジオンは、眠気は皆無ではありませんが、眠気の少ない抗ヒスタミン剤です。
眠気以外の口の渇き、けいれんの危険性は比較的少ないですが、不整脈の報告がありますので、危険は否定できません。

アレグラは、眠気の少ない抗ヒスタミン剤で、危険作業の制限のない唯一の抗ヒスタミン剤です。
頻度は少ないですが、致死性不整脈の害があります。
 
アレルギーには薬を飲まないで対処するのがいいのですが、どうしても薬が必要なこともあるかもしれません。
私が飲んでもいいと思う薬は、市販の薬でレスタミンコーワ糖衣錠です。
大人は1回3錠、1日3回まで飲めますが、古いタイプの抗ヒスタミン剤なので眠くなりやすいです。
眠く感じなくても注意力が落ちてしまうことがありますので、服用後、乗り物や機械の運転はしないようにしてください。
また、口が渇きやすくなったり、目が乾燥したりしやすいです。

私が勧める飲み方は、夜寝る前に飲むという方法です。
それだけで、かなり、アレルギー症状が改善されます。
改善されたら、飲むのを止めます。
1回だけでも効くことがあります。
また、1回に3粒では効きすぎるようだったら、2粒や1粒に減らします。
夜遅くに飲むと、朝が起きづらい可能性がありますので、注意が必要です。
この薬は、前立腺肥大の人や緑内障がある人は飲んではいけません。
 
アレルギーの薬は、精神神経系の副作用があります。
元々、アレルギーの薬は精神科系の薬からアレルギー用の薬に転用したのが始まりなので、眠気もそうですし、眠気が少ないものでも、精神神経系に作用します。

できれば、薬を飲まないでやり過ごすことができるのが一番いいと思います。

薬以外の対策

花粉症にいい食材があります。
それは、れんこん・オクラ・玉ねぎです。
 
れんこんはアレルギーの時に過剰になるIgE抗体について、働きを抑えます。
オクラは炎症を起こすレクチンをブロックします。
玉ねぎはヒスタミンレセプターに付いて、ヒスタミンによるアレルギー症状が出にくくなります。
 
和風ピクルスのレシピ
 
【材料】
〈漬け汁〉
・水200g
・酢30g
・よしる30g
・オリゴ糖小さじ1
 
〈具材〉
・おくら1-2袋
・れんこん200-250g
・にんにく1片 
 
【作り方】
①れんこんは縦に4つ割にした後、横に倒して1cm幅に切る
②おくらはヘタを切り落として、斜め切りで3分割する
③にんにくは薄切りにする
④1と2と3と漬け汁を全て鍋に入れ蓋をして中火で5分煮る
⑤5分経ったら弱火にして更に5分煮る
⑥煮終えたら火を消して、粗熱が取れたら冷蔵庫で保存する
 
 
煮物バージョンのレシピ
 
【材料】
 
〈煮汁〉
・カツオのだし汁 500mL
・よしる 大さじ2
・オリゴ糖小さじ2
 
〈具材〉
・おくら2袋
・れんこん350g
・玉ねぎ(中)1個
 
【作り方】
①れんこんは縦に4つ割にした後、横に倒して0.5cm幅に切る
②おくらはヘタを切り落として、斜め切りで3分割する
③玉ねぎは半分に切って、その半分を6等分くらいにする
④煮汁を煮立てて、煮立ったられんこんを鍋に入れ、蓋をして弱火で15~20分煮る
⑤レンコンが柔らかくなったら、おくらと玉ねぎを入れて、更に5~10分煮る
⑥煮終えたら火を消して、粗熱が取れたら冷蔵庫で保存する
 
よしるとは魚醬のことです。
よしるの代わりにお醤油で大丈夫です。
よしるだと、味にこくがあって、だし入り醤油みたいな感じで使えます。

どちらも、煮汁に必要な成分が出ているので、煮汁も必ず飲みます。
れんこんは節の所と皮の所に有効成分が含まれています。
有効成分は同定されていませんが、水溶性のものだということが分かっています。
皮はむかずに、節の所も食べなくても一緒に煮れば、汁の中に有効成分が溶け出します。
 
出来れば、作り置きしておいて、毎日小鉢分くらいを食べるといいと思います。
 
ピクルスの場合、玉ねぎが入っていませんので、玉ねぎの有効成分であるケルセチンをサプリで摂るといいです。
煮物で玉ねぎは使っていますが、玉ねぎよりはケルセチンのサプリの方が効果は期待できます。
これは、1日2粒、1回1粒、朝食後と夕食後に飲みます。
 
しかし、レンコンに関しては、レンコンのサプリは効果がそれほど期待できません。
レンコンを皮ごと食べるか、皮も入っているレンコンパウダー(他のでんぷんが入っていないもの)を利用するといいです。
 このれんこんパウダーだったら、大丈夫です。
1日に5~7gくらいを摂ります。
プロテインを飲むときに一緒に混ぜて飲んでもいいです。

また、炎症を起こす食品はできるだけ避けた方がいいです。
以前の記事、「炎症について」を参考にしてください。
 
鼻うがいもお勧めです。
このブログの記事の中に書いてあります。
1日1~2回、外出先から帰宅したときには、花粉を洗い流すこともできていいと思います。

目は人口涙液の点眼液で洗い流すのがいいと思います。

ストレスがあると、症状が酷くなってしまいます。
ストレス対策にはタンパク質とビタミンCが効きます。

できることを試してみて、なるべく薬を使わないようにしていただけたらと思います。




[2021/02/24 10:12 ] | アレルギー | コメント(0)
子宮内膜症について
この記事では、

子宮内膜症はどうしてなるの?
子宮内膜症は治らないの?

こういったお悩みに答えていきます 

 この記事の内容
・子宮内膜症とは
・栄養からのアプローチ

子宮内膜症とは

子宮内膜症は子宮内膜組織が子宮以外の場所にできてしまう病気ですが、残念ながら、原因は分かっていません。
辛い症状を回避するために、薬や手術による対症療法的な治療が行われています。

しかし、分子栄養学的に考えると、必要な栄養が不足していることと不必要な食品を食べているために起きていると考えられます。

栄養からのアプローチ

まず、避けるべき食品があります。
・アルコール
・カフェイン
・精製糖質(小麦粉・パン・麺類・白米・砂糖・砂糖を使ったお菓子や加工食品・ブドウ糖果糖液糖などの異性化糖・異性化糖が入った清涼飲料水やスポーツドリンクなど)
・加工食品

人によっては、もっと避けた方がいい場合もあります。

その上で、良質のタンパク質を体重の1000分の2gは摂るようにします。

糖質は精製糖質を避けて、未精製糖質(芋類・甘栗・バナナなど、ホールフードで食物繊維などが多いもの)を摂るようにします。
糖質として、1日最低60gは摂るようにします。

脂質は、できるだけオメガ3の必須脂肪酸を摂るようにし、オメガ6のリノール酸が多いものは避けるようにします。
オメガ3とオメガ6の比が1:1~2になるようにします。
EPA/DHAのサプリメントを摂ったり、えごま油を毎日小さじ1飲むのもお勧めです。
脂質は摂らない方がよい脂質もあります。
脂質については近日中に記事にする予定です。

サプリメントとして、ビタミンE・ビタミンC・ビタミンB群・セレン・マグネシウム・鉄を摂るといいと思います。

ビタミンEは、d-アルファ-トコフェロールのビタミンEです。
これを、1粒400IUのものだったら、1日1-3粒摂ります。

ビタミンCは、1粒1000㎎のものだったら、1日3粒、1回1粒、毎食後に摂ります。

ビタミンB群とミネラルが一緒になったサプリがあります。
これだと、ビタミンB群とセレンが必要量摂れます。
これを、1日2粒、1回1粒、朝食後と夕食後に摂ります。
マグネシウムも入っていますが、ちょっと足りないかもしれません。
その場合は、クエン酸マグネシウムなどを足します。
目安としては、1日300mgを、1日2~3回に分けて摂るといいです。

鉄は、以前の記事を参考にしてください。

お風呂に入って湯船に浸かる人は、死海の塩を入れることをお勧めします。
死海の塩を30~50gくらい入れます。
死海の塩にはマグネシウムとそれ以外のミネラルが入っています。
特に、マグネシウムは筋肉を弛緩させたり緊張している神経をリラックスさせたりする働きがあります。
マグネシウムは経皮からもある程度吸収されるようですので、お勧めです。
ただし、死海の塩は、お風呂が24時間風呂の場合、釜を傷める恐れがあるので使用不可との注意書きがあります。
その場合、入浴後にお湯を抜いて、使っている人もいます。
死海の塩は、人によっては皮膚に刺激を感じる場合がありますので、その場合は濃度が濃すぎるので、量を減らして、自分に合った濃度で入るようにしてください。







[2021/02/22 22:01 ] | 婦人科 | コメント(0)
ディナゲストについて
この記事では、

ディナゲストってどんなお薬?
ディナゲストを飲み続けても大丈夫?

こういったお悩みに答えていきます 

 この記事の内容
・ディナゲストとは
・ディナゲストの副作用

ディナゲストとは

ディナゲストとは、子宮内膜症治療剤・子宮腺筋症に伴う疼痛改善治療剤です。

子宮内膜症は子宮内膜組織が子宮以外の場所にできてしまうのですが、子宮腺筋症は子宮内膜組織が子宮筋の中に発生するものです。

ディナゲストは、最近新たに開発された黄体ホルモン剤(プロゲステロン)です。
ディナゲストを1日2回服用することにより、排卵がストップし卵巣からの女性ホルモン、特に卵胞ホルモン(エストロゲン)の分泌を抑制します。
エストロゲンは子宮内膜細胞の増殖を引き起こします。
ディナゲストは子宮内膜細胞の増殖を抑え、さらに子宮内膜症を直接抑制し縮小させる効果があると言われています。
そのため、すぐれた鎮痛効果があるようです。

ディナゲストの副作用

ディナゲストは、閉経まで飲まなければならないと言われることがあるようですが、長期間飲むことについては、添付文書には以下のように書いてあります。

5 本剤を長期投与する場合には以下の点に注意すること。

・不正出血が持続的に認められている患者は、類似疾患(悪性腫瘍等)に起因する出血との鑑別に留意し、定期的に画像診断等を行うなど、患者の状態に十分注意すること。
また、必要に応じ細胞診等の病理学的検査の実施を考慮すること。

・本剤の1年を超える投与における有効性及び安全性は確立していないので、1年を超える投与は治療上必要と判断される場合にのみ行い、定期的に臨床検査(血液検査、骨塩量検査等)等を行うなど、患者の状態に十分注意すること。

以上です。

また、重大な副作用について添付文書には以下のように書いてあります。

11.1 重大な副作用

11.1.1 重篤な不正出血(頻度不明)、重度の貧血(頻度不明)本剤投与後に不正出血があらわれ、重度の貧血に至ることがある。
出血量が多く持続日数が長い場合や一度に大量の出血が認められた場合には、必要に応じて血液検査を実施し、観察を十分に行うこと。
異常が認められた場合には、鉄剤の投与又は本剤の投与中止、輸血等の適切な処置を行うこと。

11.1.2 アナフィラキシー(頻度不明)
アナフィラキシー(呼吸困難、血管浮腫、蕁麻疹、そう痒感等)があらわれることがあるので、このような症状があらわれた場合には投与を中止し、適切な処置を行うこと。

以上です。

その他の副作用はたくさんありますが、不正出血(88.3%)、ほてり(20.6%)、5%以上のものが頭痛、外陰部かぶれ・かゆみ、悪心です。
排卵を抑制して、エストロゲンの分泌を抑制するので、更年期障害のような症状が出るのだと思います。
また、更年期障害様のうつ症状を起こすことが報告されています。
骨粗しょう症になる可能性が高くなるようです。

添付文書を見ていただくといいかもしれません。

ディナゲストは合成の黄体ホルモン(プロゲステロン)ですので、体が作る天然のプロゲステロンとは違います。
それを長期的に使うのはよくないと思います。

子宮内膜症や子宮腺筋症は、必要な栄養が足りていないために起きている可能性が高く、栄養療法で対応できると思います。
次回は、栄養療法について、取り上げたいと思います。



[2021/02/22 11:25 ] | 婦人科 | コメント(0)
| ホーム | 次のページ>>